「男は浮気してナンボ」「女遊びは男の甲斐性だ」なんて言い訳が、あんまり通用しなくなっちゃった昨今。ゲスな芸能人でなくたって、夫の不倫は家庭に相当なダメージを与えます。それでも行っちゃう夫と、思いとどまる夫にはどんな違いがあるのでしょうか。 
既婚男性100人に、「浮気のチャンスはあったけど、思いとどまった」ケースについて、その理由を聞いてみました。

思いとどまったのは……「妻の顔が思い浮かんだから!」

・「職場の同僚の女性の悩みを聞いているうちに仲良くなり、ふたりで食事にいったりするうち、そのまま男女の関係になってもよいかなというタイミングがあった。が、妻の、毎日自分を支えてくれている姿が頭をよぎり、思いとどまった」(31才・会社員)
­
・「妻とのSEXに物足りなさを感じたとき、SEXの上手かった元カノについ連絡を取ってしまい、昼間にカフェで会うことに。向こうは自分に未練があり、ヤレる雰囲気でしたが、結局、頭の中で妻の笑顔がちらついてそのまま店で別れました」(34才・会社員)
­
・「仕事場の女の子に誘惑されたことがあったが、家で贅沢もせず、一生懸命家事をしてくれている妻を裏切るのは嫌だった。もしばれたときに、悲しませるのも避けたかった」(52才・自営業)
­
・「仕事終わりに後輩と飲みに行った店で綺麗な子2人に遭遇。声を掛けて次の店に飲みに行き、翌日お気に入りの子からお礼のメールがきたことをきっかけに、その後も飲みに行く仲に。いよいよ今夜一線を超えよう、と思った日がありましたが、その朝、妻が見送ってくれる健気な姿を見て考えが変わり、会うのを止めたことがあります」(50才・自営業)
­
・「ある女性に呼び出され、交際をして欲しいと告げられました。その方は実際に都合の良さそうな方でした。しかし、妻の泣く顔が目に浮かび、『泣かせちゃダメだ』と考え、思いとどまりました。気を持たせた私も悪かったのかと思う次第です」(35才・会社員)
­
夫たちが浮気を踏みとどまった理由でもっとも多かったのは「妻の顔が思い浮かんだから」というもの。とくに「笑顔」や「自分を支える姿」は、いざというとき強力な抑止力になるよう。いつもプンプンしてないで、笑顔を増やす努力は浮気防止に必要かも!

思いとどまったのは……「子どもがいるから!」

・「浮気を思いとどまった理由は単純で、子どもです。子どもができる前と後ではだいぶ違います。子どもがいなかった当時は、それこそ新しい生活で出直そうと思ったことは何度もありました。でも、『子はかすがい』とはよく言ったもので、まさに悪いことをしそうになると子どもの顔が目に浮かび、常に思い止まらせてくれます」(53才・公務員)
­
・「やっぱり子どもの顔を思い浮かべてしまうと、くだらないことは未遂に終わります」(39才・会社員)
­
・「ありがちかもしれませんが同窓会で当時好きだった子と25年ぶりに再会。当時の想いを25年越しに語り合う中でお互い良いムードに…。その頃私は再婚後にできた子どもがまだ1歳、彼女はバツ2の子持ち独身。お互い子育て経験者としての敬遠で何事もなく終わりました」(45才・会社員)
­
・「職場の飲み会で部下に迫られましたが、子供の顔が浮かんだので帰宅しました」(32才・会社員)
­
・「部下の若い女子に迫られた時はグラっと来ましたが、自分にも娘がいるので、冷静になると女ではなく、娘と同じ子どもに見えてサラッとかわせました」(48才・会社員)
­
まさに子はかすがい。子どもの誕生は夫婦を家族にし、結束力を強めて浮気の虫が入るすき間を防いでくれるようです。

思いとどまったのは……「面倒だから!」

・「月並みですが飲み屋の女性とアフターで飲みに行って良い雰囲気になり、イケるな!と思いましたが、以降チョイチョイ連絡を取るのも『めんどくせぇ』って思いやめました」(47才・会社員)
­
・「職場の飲み会で、同僚の女性に、2人だけで2次会に行こうと誘われました。同じ職場の人なので、職場でうわさが広まったら困ると考えて、思いとどまりました」(41才・会社員)
­
・「飲み会の後、女の子から近づいてきたので、ふざけて『襲っちゃうぞ!』と言ったら、意外にも『良いよ!』と。なぜいかなかったかというと、過去に前科があり、妻に怒られ周囲の人にも怒られ、かなり大変な目にあったのを思い出したからです」(41才・会社員)
­
・「今の妻とは再婚で、不倫の末に前妻と離婚して再婚を成し遂げました。その後一度浮気しそうになったことがありましたが、昔の大変さを思い出して思いとどまりました」(44才・会社員)
­
・「ひとりでふらりと入ったバーで隣の席に座った女性と意気投合。お互いに終電がなくなり部屋に来ないかと誘われた。でも何日か前に『美人局』のニュースを見ていたので、面倒なことになったら、とびびってやめた」(42才・フリーランス)
­
得られる快感より、バレたときの面倒くささが何倍も大きいことを経験から知る夫たちは、割にあわない浮気はしませんとあっさり。それでも行っちゃう男性ならもう病気の範疇か、すでに夫婦関係が破綻している可能性も。
­
さて、今回のアンケートでは、部下など周囲の女性に“迫られた”“誘われた”という内容が目立ちましたが、既婚男性にグイグイ迫る素人女性はそこまで多くないのは確か。女性側にはそんな気はないケースでも、コミュニケーションの濃度次第では「気がある、イケる」と脳内変換しがちな可能性は否めません。ぐらつきやすい夫のハートをささえるのは、妻の笑顔なのかもしれませんね。
­
写真© polkadot - Fotolia.com