陸上の全日本実業団対抗選手権第1日は23日、ヤンマースタジアム長居で女子1万メートル決勝(タイムレース)を行い、松田瑞生(ダイハツ)が31分59秒12で初優勝した。京滋勢の最高は11位の竹地志帆(ヤマダ電機、佛大出)。昨夏の世界選手権代表の西原加純(ヤマダ電機、宮津高−佛大出)は25位だった。