任天堂(京都市南区)は13日、新しい家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を3月3日に国内や欧米などで発売し、価格は2万9980円(税別)にすると発表した。

 東京都で同日開いた製品発表会で明らかにした。

 スイッチは家庭のテレビにつないでプレーする据え置き型ゲーム機だが、本体に液晶ディスプレーが付いており、室内や屋外で持ち運んで携帯型機としても遊べるのが特徴。

 任天堂の据え置き型ゲーム機の価格は近年、「ニンテンドーゲームキューブ」「Wii(ウィー)」「Wii(ウィー) U(ユー)」と2万5千円(Wii以外は税別)の設定が続いていた。ライバルのソニー・インタラクティブエンタテインメントが販売するゲーム機「プレイステーション4」は、スイッチと同額の2万9980円(税別)となっている。