京都地方気象台によると、府内では14日から15日にかけて山間部を中心に降雪が強まり、大雪となる見込み。

 14日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で山間部30センチ、平地0〜5センチ。さらに15日午前6時までに多い所で山間部40〜60センチ、平地0〜40センチとなっている。14日の最低気温は府南部で1度、舞鶴市で0度と今シーズンで最も冷え込むと予想する。

 13日朝も宮津市や京丹後市の一部などで積雪が見られた。