大津署は13日、競馬の情報提供料名目で、大津市内の工務店経営の男性(50)が現金348万円をだまし取られたと発表した。同署が特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、昨年10月28日、携帯電話に競馬情報提供会社を名乗る男から連絡があり、「保証のついたレースがあるが、参加するには200万円が必要」などと持ちかけられ、12月8日までに6回にわたり計348万円を指定の口座に振り込んだという。