任天堂(京都市南区)は13日、3月3日に日米欧などで発売する新しい家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の全容を発表した。コントローラーは腕の動きを検知するセンサーや物体を認識するカメラを搭載し、多彩な遊び方ができる。他社製も含め8本のソフトを同時発売することも明らかにした。

■「ゼルダ」や「ドラクエ」ソフト8本同時発売

 東京都内で開いた製品発表会で、君島達己社長らが詳細を明らかにした。

 発表会では、コントローラーの特徴として、腕の動きや傾きを高精度に検知したり、手のひらに振動を伝えたりする機能が新たに披露された。物の形や距離を読み取る赤外線カメラも搭載しており、遊びの幅が大きく広がるとした。

 本体の液晶ディスプレーはタブレット端末のようにタッチ操作ができる。インターネットに接続して対戦などを行う「オンラインサービス」も今秋から有料で始める予定。本体と同時発売するソフトは、自社の「ゼルダの伝説」やスクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト」のシリーズ作品など。スーパーマリオなどの人気ソフトも年内に投入すると明らかにした。

 君島社長は「独創的なゲーム開発に取り組み、新しい娯楽の世界を提供する」と述べた。スイッチの価格は税別で2万9980円。