京都地方気象台によると、府内では15日にかけて降雪が強まり、山沿いで大雪になる見込み。14日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で山間部は60センチ、平地は5〜20センチを予想する。15日午後6時までは多い所で山間部は40〜60センチ、平地は5〜40センチとしている。

 13日午後4時半現在、府南部を除く府内全域に大雪注意報が発令されており、14日夕方までに大雪警報に切り替わる可能性がある。

 彦根地方気象台によると、滋賀県内では14日朝から15日にかけて降雪が強まる。14日午後6時までの24時間の予想降雪量は北部の山間部60センチ、平野部20センチ、南部の山間部30センチ、平野部10センチとしている。

 13日午後10時半現在、高島、長浜、米原の各市に大雪、着雪注意報を発令しており、14日朝までに大雪警報に切り替わる可能性がある。

 両気象台は、大雪による交通への影響を警戒し、最新の気象情報を確認するよう呼び掛けている。転倒や除雪作業中の事故にも注意が必要だ。