陸上自衛隊福知山射撃場(京都府福知山市天田)での米軍の実弾射撃訓練に反対する「米軍くるな福知山市民集会」が14日、同市昭和新町の府立中丹勤労者福祉会館であった。「住民の安全・安心を脅かす」として、訓練の中止・撤回を求めるアピールを採択した。

 福知山地方労働組合協議会などでつくる「米軍の実弾射撃訓練中止を求める福知山の会」などが主催し、約100人が参加した。

 集会では、市民団体「福知山平和委員会」の水谷徳夫代表が、昨年11月に同射撃場で始まった米軍経ケ岬通信所(京丹後市)の軍人・軍属による訓練の経緯を説明。水谷代表は「府や市も政府のいいなりで市民への説明はない。射撃場の共同利用を許せば、米軍基地が広がることにつながる」と指摘した。

 アピールでは武器・弾薬を積んだ車が京丹後の基地から福知山を往復することへの危険などを反対理由に挙げた。