家事に仕事に育児に趣味。「やらなければならないこと」に加え、「やりたいこと」もたくさんあって、毎日大忙しという方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介する心理テストでは、上手に時間を使えるかどうか、あなたの「要領のよさ」がわかります。さっそくチェックしてみましょう!


Q.友達と会う約束をした日に、大事な用事が重なりました。あなたならどうする?

A.

1.友達にも用事に付き合ってもらう

2.友達と会う日程を変更する

3.友達と会う時間を短縮する

4.「どうしたらいい?」と友達に判断をまかせる


<解説>

1.「友達にも用事に付き合ってもらう」を選んだあなた

言動が強引になりがちなあなたは、要領が悪いタイプ。ヒラメキに従って動く瞬発力や周囲を巻き込むパワーが旺盛ですが、客観的に状況を判断するのは苦手かも。目の前のことに熱中するほど、他のことがおろそかになりがちです。もっと段取りや計画を大事にしましょう。

2.「友達と会う日程を変更する」を選んだあなた

慎重派のあなたは、まあまあ要領がいいタイプ。しっかり計画を立て、安全で確実な方法を選びます。ただ、計画通りに動こうという意識が強すぎて、突然の計画変更に対応するのは苦手かも。あまりガンコになり過ぎず、肩の力を抜いて臨機応変に動きましょう。

3.「友達と会う時間を短縮する」を選んだあなた

器用なあなたは、かなり要領がいいタイプ。複数のことを同時に、しかもスムーズにこなすことができる上級者です。気まぐれなところもありますが、要領のよさはピカイチ。しっかり計画を立てて動きつつ、状況が変わると臨機応変に対応できます。

4.「『どうしたらいい?』と友達に判断をまかせる」を選んだあなた

相手の気持ちにとても敏感なあなたは、あまり要領がよくないタイプ。自分で立てた計画でも、他の人から変更を求められるとカンタンに覆してしまいそう。「振り回されて結局何もできなかった」ということがないよう、やるべきことに優先順位をつけましょう。


いかがでしたか? 忙しいからといって、やりたいことをガマンするのはつまらないですよね。今回の心理テストの結果を参考に、時間をうまくやりくりして要領よく暮らすためのヒントにしてくださいね。
(占術家/伊藤マーリン)

【関連記事】
・おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」