秋冬の乾燥肌対策にはオイル美容がおすすめ。若々しい肌は水分と油分のバランスが良くもっちりしています。加齢による乾燥肌を感じてきたらオイル美容で肌にツヤ感を出しましょう。毎日のスキンケアも大事だけど、やればすぐに作れる、もちもちツヤのある肌づくりの美容オイルの活用法をご紹介します。

■簡単オイル美容は「洗顔後」

簡単なのは洗顔後、化粧水をつける前にオイルを投入すること。肌にスーッと馴染むアルガンオイルがおすすめです。アルガンオイルはどのオイルよりも浸透性が良いのでその後の化粧水やクリームの浸透率が上がり、潤いや成分を閉じ込め、もっちり肌に導いてくれますよ。秋冬の導入液はオイル美容に切り替えましょう。

■朝のオイル美容は気分で香りを選ぼう

朝のスキンケアは1日を気持ちよく始めるための大切な時間です。オイル美容で弾力と湿度のある肌を整えたら、香りで女度を高めてみるのもいいですよ。元気に活発的にスタートしたい日は、オレンジやグレープフルーツ、レモンなどの柑橘系を。疲れがとれない朝は甘い香りでコクのあるオイルが◎です。ローズやゼラニウム、ネロリなど女性らしい花の香りがおすすめ。昨日のむくみが抜けない時はデトックス系を。ジュニパーやローズマリー、ミントなど爽やかな香りは気分もすっきりできますよ。

■ツヤ肌メイクもオイル美容で実現!

ギラギラしたテカリではなく、うるっとしたツヤ感を出すにもオイル美容テクで作れます。とくに年齢による乾燥肌にはオイル美容が簡単です。まずいつも使うファンデーションや化粧下地に少しのオイルを含ませます。ここで使用して欲しいのも浸透性の良いアルガンオイル、またはホホバオイルです。よりツヤ感を出したければ、頬のてっぺんに薄いピンクのハイライトを少し載せてみてください。パール入りのハイライトを活用すると良いですよ。テカリを感じる場合は、ベビーパウダーを軽めにのせて調整しましょう。

以上、3つのオイル美容法をご紹介しました。秋冬は朝にオイルを使うのがおすすめです。その日1日の始まりにオイルを投入して、夕方までツヤ肌を持続させていきましょう。上手に香りを取り入れることでやる気もアップしますよ。
(ビューティー&ヘルスライター 町山町子)

【関連記事】
・たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガ3選