睡眠不足が続くと、お約束のように現れる目の下のクマ。鏡を見るたびにため息が出るものです。ですが、いつまでも気に病んでいては、精神衛生上もよくありません。コンシーラーで、素早くカバーしましょう。コツさえつかめば、とってもナチュラルに仕上がります!

 ■デリケートな目のまわりには十分な保湿を!

まず、メイクをはじめる前には、保湿を完璧に行なっておきましょう。ご存じの通り、目のまわりは大変皮膚が薄く、乾燥しやすいところです。しっとりした質感に整え、コンシーラーがなじみやすい状態にしておきます。また、目のまわりにファンデーションの厚塗りは避けます。後でコンシーラーで十分にカバーできるので大丈夫です。

■大切なのはコンシーラーの色選びとコントロールカラー使い

そして、クマをカバーするには、自分の肌の色に合ったコンシーラーを選ぶことと、コンシーラーとコントロールカラーを混ぜて使うことがポイントです。コントロールカラーを使うことで、クマの色素がより自然に目立たなくなるからです。それには、自分のクマの色をきちんとチェックしておきましょう。青みのあるクマならオレンジ色、茶色いクマならベージュ色のコンシーラーを選んでください。

■ブラシ使いもおすすめ! コンシーラー初心者さんでもうまくいきます。

それでは実際にクマをカバーしていきましょう。まずコンシーラー用のブラシをひとつ、ご用意ください。はじめに手の甲にコンシーラーを置いたら、続いてコントロールカラーを乗せてブラシで混ぜていきます。このときの割合は、コンシーラー3、コントロールカラー1が目安です。続いてクマの上に、ブラシで少しずつ、薄く薄く乗せます。それから指で叩き込むようになじませます。これを数回繰り返し、最後はパウダーでそっと押さえれば完成。とってもナチュラルに仕上がります。

コンシーラーは、目のクマに役立つ、心強いアイテム。ですが、大事なのはあくまでもクマを作らない生活習慣です。クマが現れたら、自分に無理をさせている証拠。睡眠や栄養の状態をきちんと見直してくださいね。
(ウェルネス&ビューティーヘルスライター/ユウコ)

【関連記事】
・毛穴・くすみ払拭!30代・40代おすすめフェイスパウダー3選

【参考】
※肌トラブルを隠す!「コンシーラー」