10月13日は、みんな大好き!「さつまいも」の日だそうです。秋に収穫を迎え、貯蔵するほどに甘味を増すさつまいも。これからどんどん美味しくなる根菜のひとつですね。さつまいもは甘くて美味しいだけではありません。リンゴの5倍も含まれるビタミンCは、加熱による損失が少ないのが特長。また、加熱することででん粉の一部が、食物繊維のような働きをするレジスタントスターチに変化します。まさにお肌にも腸にもうれしい美容と健康に役立つ根菜ですで。蒸かして食べる以外にも楽しみ方はいろいろ。サツマイモを楽しむ簡単アレンジレシピ3つをご紹介します。


■焼くだけ!スイートポテト(写真上)

・材料

サツマイモ 1本
ココナッツミルク 大さじ1〜
くるみ・クコの実などお好みで

・作り方

1.蒸かしたさつまいもを縦に半分に切ります。
2.フォークで中身を柔らかくし、ココナッツミルクを大さじ1程度加えて馴染ませトースターで5分程度(焼き色がつくまで)焼きます。
3.仕上げに、お好みでくるみやクコの実、シナモンを添えて出来上がり。


■混ぜるだけ!さつまいもポタージュ

・材料

サツマイモ 1/2本
豆乳 200cc
ガラムマサラ お好みで

・作り方

1.蒸かしたサツマイモと豆乳(牛乳やアーモンドミルク、ライスミルクでもOK)をなめらかになるまでミキサーにかけます。
2.お好みでガラムマサラを加えて出来上がり。


■揚げない!さつまいもコロッケ

・材料

サツマイモ 1本
玉ねぎ 1/4程度
塩・コショウ 適量
パン粉 適量
オリーブオイル 適量

・作り方

1.玉ねぎはみじん切りにして透明感がでるまで炒めます。
2.蒸かしたサツマイモをフォークなどで潰し、1と和え、塩・コショウで味を調えます。
3.フライパンにパン粉とオリーブオイル(なくてもOK)を入れて炒め、焼き色を付けます。
4.食べやすい大きさにまとめたサツマイモに、3のパン粉をまぶして出来上がり。


これから益々おいしくなるサツマイモ。いろいろなレシピで、旬の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

【関連記事】
・ヨーグルトは食前に摂るのが◎簡単ダイエットレシピ3つ

【参考】
※東京家政学院短期大学教授 津久井亜紀夫「サツマイモの栄養機能成分と焼き芋の美味しい焼き方理論」(PDF) - 日本いも類研究会
※成分情報 さつまいも - わかさ生活