「女の子は料理ができないと!」
「料理ができない女子は結婚できない」

そんな固定観念っていまだに根強いのでしょうか。確かに、料理ができる女子を彼女や妻にしたいという男子は多いかもしれませんが、料理ができないからというだけで恋愛がダメだと決めつけるのはもう古い!
「料理男子」も増えてきた昨今、料理ができない女子でも男子にあきれられることなく、コンプレックスをうまく受け入れながら恋愛するコツを考えてみます。

料理ができない女子はどんな男子と相性がいいの?



「料理ができない」とひと口に言っても、「調理器具を持っていない」「致命的にまずいものしか作れない」というレベルから、「自炊はするけど人に出せるクオリティーじゃない」「雑な料理しか作れない」というレベル、「やろうと思えばできるけど料理が嫌い」「料理は嫌いじゃないけど、彼氏のほうが料理がうまい」など、さまざまな種類があると思います。

いずれにせよ、そんな女子たちと相性がよさそうなのは「料理にうるさくない男子」か「料理男子」の両極端どちらか。
前者は、いつも外食やコンビニ食でもいっこうにOK、雑な料理でも気にせず食べるという、食に無頓着なタイプ。一見ラクそうですが、実は「作ってくれるもんなら作ってほしい」と思っている場合もあるので、彼氏の適当さに甘んじるのはちょっと危険かもしれません。
それに対して、後者の「料理男子」は、「俺が料理を作ってあげたい!」と積極的に台所に入るタイプ。作った料理を褒めてもらわないとプライドが許さない、というめんどくささもあるかもしれませんが、うまく付き合えば「料理ができない女子」とは好バランス。

では、そんな「料理男子」とうまく付き合うコツとは?

料理ができないなら積極的に片付けを!



「料理男子」の中には、料理は得意だけど実は「片付けは苦手……」という男子も一定数いるようです。
そこで「料理ができない女子」の出番! 料理は彼氏に任せつつ、「片付けは私がやるよ!」と役割分担を。彼氏が料理をするそばで生ゴミや調理器具を片付けたり、食べ終わったあとの食器を洗ったり、しなやかにサポートしてみて。
どちらかだけが尽くしている感もなく、できるほうができることをするという関係性は、結婚を視野に入れるときの重要ポイントかもしれません。お互い「ありがとう」のひとことを忘れずに?

苦手なことを補い合う関係は理想的ですが、もちろん「苦手だからやらない」とサジを投げるのも考えもの。でも料理男子に寄り添っているうちに、料理の苦手も少しずつ克服できるかもしれません。
(大石蘭)