前回の記事でマニキュアとワイヤーできる手作りアクセサリーの作り方をご紹介しましたが、今回はその応用編。ハンドメイドでは使用する場面の多いワイヤーですが、それが余ってしまった、オリジナルのワイヤーアクセサリーを作りたい! という方におススメなのがこちら!
自分のイニシャルや名前のワイヤーアクセサリーです♪ 今回は簡単に作れるワイヤーアクセサリーの作り方をご紹介します。


写真のハート部分はマニキュアで色付けしているんですよ?
とっても簡単にできるのでぜひみなさんもワイヤーで自分だけのオリジナルアクセサリーを作っちゃいましょう!

ワイヤーアクセサリー作りに必要なもの



必要なものは
・ワイヤー
・ニッパーorハサミ
・紙とペン(デザインを決めるために使用)
・お好みのパーツやマニキュア
・丸ペンチなどなど

ワイヤーを選ぶ時のポイント


ワイヤーの細さは、好みによりますのでお好みの細さを選ぶようにしましょう。
ただし、ペンチやニッパーがある場合は太めでも問題ありませんが、素手やハサミで作業を行う場合は文字の形に曲げるのが少し難しい可能性があるので、細い0.4mmのワイヤーを選ぶと曲げやすくおすすめです。

また、作るアイテムによってもワイヤーの細さを変えると良いです。
ネックレスなどは装着してしまえばあまり触らないため、細いワイヤーでも問題ないのですが、指輪やブレスレットなどはどうしても普段使っているうちに肌や物に触れる機会が多いアイテムだと、細いワイヤーでは曲がってしまう可能性があるので、できるだけ太めのワイヤーを選んだほうが文字が崩れにくいです。
好みと用途にあわせて選んでみてくださいね。



ワイヤーアクセサリーの作り方



ワイヤーアクセサリーの作り方自体は単純ですが、ワイヤーで文字をかたどる作業は少しコツがいるので、まず紙に一筆書きでどういう風に作るか下書きを書いてからすすめると作りやすくなります。
最初を大文字、残りは小文字で筆記体のようするとやりやすいですよ。

単語の両端は、作るものにより長さを変えてください。
指輪にする時は、端をすぐに切らず指の形に伸ばして合わせて作れば簡単に!
ご自分の名前はもちろん、Love、Cute、Helloなどの単語でワイヤーアクセサリーを作ってもかわいいですよ?



チェーンがない時はワイヤーを代用してもOKです!
片方はしっかりくっつけるか切らずに伸ばし、もう片方で留めれるようにUカーブを作ってください。
大きめに作ってしまえば両端とも留めた状態でももちろん大丈夫です。

余ったワイヤーとマニキュアで自分らしいアクセサリーを作って楽しんでくださいね♪
(秋花)