付き合ってまだ日が浅い彼氏(または、付き合う前のいい感じの彼)と話しているとき、過去の恋愛に未練があったり比べたりするつもりがなくても、つい元彼と今の彼氏を重ねてしまうことはありませんか? 今の恋愛を大事にしたいなら、元彼の話題は御法度。嫉妬心をいだかれて彼氏とケンカになったり、別れる原因になってしまうかも。

それでもついつい言ってしまいがちな、元彼に関するNGな話題をピックアップしてみました。

元彼と行った場所やしたことに触れないようにする



彼氏と訪れるカフェやデートスポット……人気の場所であればあるほど、前にもデートで使ったというリピート率(!?)が上がるもの。「初めて〜?」と言えば彼氏も喜びそうですが、そう言うとウソになる場合、ちょっとよそよそしい空気に……。

そんなとき、つい「元彼と来た」とこぼしてしまったら、彼氏のテンションは下がらないはずがありません。まれに、「逆に燃える」という人もいるかもしれませんが……。
逆に、彼氏から「元カノと来た」と言われたら、自分も複雑な気分になること間違いなしですよね。基本中の基本マナーですが、正直な人ほどポロッと言ってしまいがちなセリフ。コテコテのデートスポットじゃない限り、「友達と来た」「家族と来た」などと言っておくのが無難です。

他の男子の部屋に行ったことがあることをほのめかすのはNG



彼氏の家に行くのはお近づきの印。男子の部屋って、女子の部屋とは違う独特の空気があるものです。男性用化粧品や無機質な食器など、置いてあるものも違うし、洗剤や柔軟剤と汗が混じったような匂いがしたり。
そんな場所で、妙に慣れた立ち居振る舞いをしたり、「男の人の部屋って感じ〜?」「男の人の匂いがするね〜?」などと言おうものなら、「自分以外の過去の男」がほのめかされて、彼氏は微妙な気持ちになることでしょう……。
彼氏の部屋に行ったら、彼が「詮索するな」オーラを出していない限り、まず彼氏の趣味やこだわりが感じられるグッズを見て話題を広げるのがよさそう。

元彼にもらったプレゼントの話をしてはダメ!



ふたりで過ごす初めての誕生日、記念日、クリスマス……。お互い何をプレゼントするのか考えるのは、なかなかのプレッシャー案件。「何が欲しい?」「何がうれしい?」と聞き合うのもひとつの手ですが、彼氏にそう聞かれたときに、気を利かせる方向を間違ってしまっては台無しです。そのNGな話題というのが、元彼にもらったプレゼントを挙げること。
参考になるどころか、彼氏にとっては知りたくない情報です。「えっ、今使ってるそれ、もしかして元彼にもらったもの……!?」などという疑惑も生まれ、彼氏としてもいい気はしないでしょう。
プレゼント選びの参考にするなら、一緒にネットや雑誌などを見て、「これいいね!」「これ似合いそうだね!」という感じで楽しんでみては?

さて、3つのポイントをみてきましたが、つまりは「自分が言われて嫌なことは、彼氏にも言わない」のが鉄則ということでしょうか!
(大石蘭)