チャーシュー。漢字で書くと「叉焼」。その字のとおり肉を焼いたものを指しますが、電子レンジで作る焼かない「レンジとりチャーシュー」も、これまた美味なのです。しっとりとやわらかなとり肉に、オイスターソースとはちみつを使ったたれが、香ばしさとこってりとしたうまみをプラス。お弁当のおかずにも、作り置きメニューとしても優秀な簡単おかずは、覚えていて損はありませんよ。

【レンジとりチャーシュー】(全量で1161Kcal、塩分11.6g)

<材料>(作りやすい分量・4人分)

とりもも肉250g×2枚、たれ(おろししょうが2かけ分、しょうゆ大さじ3、オイスターソース大さじ2、はちみつ、砂糖各大さじ1と1/2、塩小さじ2/3)

<作り方>

(1)とり肉は厚い部分に切り目を入れて開き、厚みを均一にし、皮目をフォークで5〜6カ所刺す。皮目を下にして置き、幅の細いほうから巻いていき、巻き終わりをつまようじで留める。もう1枚も同様に作る。

(2)口径22cmの耐熱ボウルにたれの材料を入れて混ぜ、とり肉を加えてからめる。巻き終わりを下にして重ならないように並べ、ラップをかけずに500Wの電子レンジで約6分加熱する。

(3)肉にたれをよくからめて巻き終わりを上にし、電子レンジで再度約6分加熱する。

(4)たれを約大さじ2残して捨て、肉の巻き終わりが上のまま、電子レンジで再度約7分加熱する。

(5)ボウルの底についたたれをこそげて肉によくからめ、肉をバットに取り出し、ラップをかけて約20分おいて余熱を入れる(出た汁は捨てる)。ボウルに残ったたれはとりおく。ようじをはずし、6〜7mm厚さに切って器に盛る。好みで水菜をざく切りにしてのせ、たれをかけても。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】