子どもにも大人にも大人気の食材・鶏肉。豚肉や牛肉に比べて低価格なので、食卓に並ぶ回数も多いはず。今回はゆずのさっぱりとした風味とピリリとした辛さが特徴の「ゆずこしょう」を使った、ちょっぴり大人の鶏料理5選をご紹介。家庭でもよく使う鶏肉だからこそ、ゆずこしょうを使った味付けでメニューのレパートリーを増やしておこう!

■ 【ゆずこしょう塩から揚げ】(1人分497Kcal、1.9g)

<材料・2人分>鶏むね肉 1枚、ししとうがらし 10本、黄パプリカ 1/2個、揚げ油、塩 適量、下味(おろしにんにく 1/2片分、ゆずこしょう 大さじ1/2、酒 大さじ1)、ころも(溶き卵 1個分、小麦粉 大さじ4、片栗粉 適量)

<作り方>

1. ししとうは切れ目を1本入れて、パプリカは縦1cm幅に、鶏肉は大きめの一口大に切る。

2. ボウルに下味用の材料を入れて混ぜた後、鶏肉を加えてもみ込み、室温に約20分おいてなじませる。

3. ころものための溶き卵と小麦粉を混ぜ合わせる。バットに片栗粉を用意して、卵液をからめた鶏肉に1切れずつまぶす。

4. フライパンに揚げ油を2cmの深さまで入れて中温(約170℃)に熱する。ししとう、パプリカをさっと素揚げして、油をきって塩少々をふる。

5. 続けて3を入れて、約3分30秒揚げる。途中ころもが固まったら上下を返しながら揚げる。その後強火にして約1分30秒揚げたら、取り出して油をきる。

6. 4と5をざっくり混ぜれば完成。

ゆずこしょうを使うことで鶏肉に味がしっかりと定着するので、冷めても美味しいのが嬉しいところ。晩ご飯のメインはもちろん、作り置きしておいてお酒のおつまみにしたり、お弁当に入れてもOK。ネギやきのこ、小松菜を取り入れて野菜たっぷりの一品に仕上げるのもオススメ。

■ 【とりの照り焼きゆずこしょう風味】

照り焼きの甘辛い味を、香りの良いゆずこしょうが引き立てる

⇒レシピURL:http://www.lettuceclub.net/recipe/dish/22679/

■ 【チキンソテー ゆずこしょうソース】

ゆずこしょう+お出汁+ショウガの、和風チキンソテー。

⇒レシピURL:http://www.lettuceclub.net/recipe/dish/8300/

■ 【鶏肉ときのこのゆずこしょう照り蒸し】

長ネギときのこを加えた鶏メニュー。野菜たっぷりなのでお弁当にもピッタリ。

⇒レシピURL:http://www.lettuceclub.net/recipe/dish/7258/

■ 【とりのゆずこしょう漬け焼き】

下味をつけた鶏肉をいったん冷凍! 旨みが凝縮された簡単・漬け焼き料理

⇒レシピURL:http://www.lettuceclub.net/recipe/dish/9779/