初めて「iOS 10」を起動して目にするのは、新しい奇抜なロック画面です。これまでとは見た目の印象が違っていて、今まで馴染んできた「スライドしてロック解除」する方式が廃止されているので、なかにはショックを受ける人もいるかもしれません。それ以外にも、たくさんの細かい修正が行われています。でも心配はいりません。ほとんどの変更点で、使い勝手は良くなっています。

持ち上げるとスリープ解除


iPhoneをスリープ解除するのに、もう画面のどこにも触れる必要はありません。ただ手に取って、手前に傾けるだけで、すぐに画面がオンになります。Appleはこれを「Raise to Wake」機能と呼んでいます。この機能は、「iPhone 6s」、「iPhone 6s Plus」、「iPhone SE」、「iPhone 7」、「iPhone 7 Plus」で利用できます。


「スライドしてロック解除」から「ホームボタンを押してロック解除」へ


これまでiOSを使ってきた人にとって、「スライドしてロック解除」はごく当たり前の機能の1つでした。でも、その方法は廃止されました。代わりに、「ホーム」ボタンを押してTouchIDを使い、指紋を認証させて画面のロックを解除します。とはいえ、従来どおりにパスコードを入力してロックを解除することもできます。この方式はこれまでとかなり異なるため、慣れるまでに少し時間が掛かるでしょう。


ホーム画面を経由せずにロック解除


画像や電子メール、写真へのアクセスなど、ロック画面でできたら良いなと思うことはたくさんあります。そのためにはまず、ロックを解除する必要があります。でもこれからは、ホームボタンをタッチすれば(押すのではありません)、ホーム画面を経由しなくても、TouchIDがiPhoneのロックを解除してくれます。画面がロックされているのか解除されているのかは、画面上のアイコンですぐに見分けられます。


画面を左にスワイプでカメラが起動


画面を下から上にスワイプして『カメラアプリ』を起動させる「iOS 9」の方式は、便利だったものの、何となく使いにくさがありました。これからは、画面を左にスワイプしてカメラを起動できます。


情報豊富で使いやすくなったリッチ通知


Appleはまたもや、通知機能を大幅に変更しました。今回は、そのほとんどが良い変更です。ロック画面上で通知を受け取ったら、その通知を強く押せば、さらなるオプションにアクセスできます。メッセージングアプリの場合は、メッセージへの返信を通知から直接書くことができます。それだけでなく、アプリがサポートしてさえいれば、この機能はあらゆる形で利用できる可能性を秘めています。例えば、Appleはプレス・カンファレンスで、アプリを起動せずに、ロック画面から直接Uberの予約を取り消すデモンストレーションを行いました。

3D Touch機能を搭載していない機種の場合は、これまでの操作方法と同じように、通知を左にスワイプして表示ボタンを押す必要があります。


ウィジェットをカスタマイズして新しいロック画面を使いこなす


最後に紹介するのは、右へスワイプしてウィジェットにアクセスできる新機能です。この機能は基本的には、「iOS 8」以来ずっと通知センターにあったウィジェットと同じような働きをしますが、それ以上にたくさんのことができます。ウィジェットを使えば、現在のヘッドラインやスポーツの試合経過、天気、カレンダーなどのちょっとしたデータを表示させることができます。Appleがデフォルトで提供するほとんどのアプリはウィジェットをサポートしており、ほぼすべての主要なサードパーティー製のアプリも同様です。表示される内容をカスタマイズするには、ウィジェットのページを一番下までスクロールし、「編集」ボタンをタップします。ここで、ウィジェットがどんな順番で表示されるかも指定できます。


Thorin Klosowski(原文/訳:風見隆/ガリレオ)