「Windows 10」では、アップデートファイルをバックグラウンドで自動ダウンロードする仕様になっています。でも、スピードが遅い、あるいはデータ量に制約があるインターネット接続しか使えない場合、この設定は困ったことになりかねません。幸い、こうしたダウンロードはコマンドラインから一時停止できます。

「Into Windows」が指摘しているように、Windows 10では設定画面から直接、アップデートのダウンロードを一時停止する方法がありません。そのため、ダウンロードをいったん止めるためには、以下の手順を踏む必要があります。

スタートメニューを右クリックし、「コマンドプロンプト」(管理者)を選びます「net stop wuauserv」と入力します「net stop bits」と入力します「net stop dosvc」と入力しますコマンドプロンプトのウィンドウを閉じます

コマンドの各行は、入力から実行完了まで数秒かかる場合があります。

ダウンロードを再開したい場合は、以下の手順を実行してください。

スタートメニューを右クリックし、「コマンドプロンプト」(管理者)を選びます「net start wuauserv」と入力します「net start bits」と入力します「net start dosvc」と入力しますコマンドプロンプトのウィンドウを閉じます

あるいは、Windows 10の「従量課金接続」機能をオンにして、Microsoftが巨大なアップデートファイルをあなたのマシンに送りつけてくるのを防ぐやり方もあります。とはいえ、すべてのダウンロードを一時停止するには、この記事でご紹介したコマンドラインを使う方法が一番手っ取り早いはずです。


How To Pause Windows Update Download In Windows 10 | Into Windows

Eric Ravenscraft(原文/訳:長谷 睦/ガリレオ)