「macOS Sierra」の新機能の中には、おそらくあなたがあまり意識していない問題に対処できる便利な機能があります。どんな問題かというと、雑然とハードディスクに溜め込んだファイルです。macOS Sierraに内蔵されたユーティリティを使えば、サードパーティ製のツールに頼らずに、容量を食うファイルや古いアプリなどを簡単に見つけられます。

新しいストレージ管理ツールを見つけて起動する


このストレージ管理ツールは、厳密に言えばアプリですが、アプリケーションフォルダには表示されません。これを見つけるには2通りの方法があります。Spotlightで「Storage Management(ストレージ管理)」を検索するか(「Command」キー+スペースキーを押してから入力します)、アップルロゴ>「このMacについて」の順に選択し、表示された画面から「ストレージ」タブを選択し、「管理」をクリックします。


基本的な整理整頓をしてくれる「おすすめ」タブ



ストレージ管理ツールを開くと、最初に表示されるのが、「おすすめ」タブです。ここでは、ストレージの空き容量を手早く増やす方法が簡単にまとめられています。ほとんどは自動なので、どのファイルをいつ削除するかをマシンに任せきりにしたくないなら、わざわざ試してみる必要はありませんが、ここにある方法を使えば、かなりの空き容量を簡単に増やせます。4つのオプションのはたらきは、次のとおりです。

iCloudに保存:使用状況に応じてMacとiCloudの間でファイルを行ったり来たりさせるオプションです。つまり、ストレージの空き容量が少ない時には、最近開いたファイルだけをハードディスクに保存します。これは理論的にはすばらしい方法に思えますが、古いドキュメントにアクセスする必要がある場合は、面倒なことになる可能性もあります。コンピューター上の空き容量がどうしても必要でないかぎり、このオプションは使わないに越したことはないでしょう。ストレージを最適化:おそらくもう使わないだろうと判断されたファイルを自動的に削除し、容量を節約します。削除されるファイルには、すでに視聴したiTunesの映画やテレビ番組も含まれます。サイズの大きいメール添付ファイルも削除されます。ゴミ箱を自動的に空にする:自分では絶対にゴミ箱を空にしないタイプの人なら、このオプションを使えば、30日を過ぎたアイテムをあなたに代わって削除してくれます。不要なファイルを削除:ここにある「ファイルを確認」ボタンをクリックしても、「書類」タブへ移動するだけです。「書類」タブについては、あとで説明します。

最初の取っかかりとしてなら「おすすめ」タブは役に立ちますが、実際に容量を大きく増やしたいのなら、このタブだけでは充分ではありません。その場合は、ちょっとした手作業が必要です。


各タブを使って不要なファイルを見つけ、削除する


Sierraの自動オプションは便利ですが、今すぐ空き容量を確保したい場合にはそれほど役に立ちません。さいわい、ここにあるその他のツールを使えば、その願いが叶います。では、各ツールに目をとおし、それぞれのセクションで削除しても大丈夫なファイルを説明していきましょう。

書類:整理整頓の基本になるタブです。ここでは、サイズの大きなファイルの選別や、ダウンロードフォルダへの移動ができます。また、もっと多くの機能を持つファイルブラウザを使えば、全フォルダのファイルサイズが確認できます。サイズの大きいファイルを手早く探し出してストレージ容量を増やすのなら、このセクションを使うのがいちばん簡単です。目的のファイルの上にマウスポインターを置き、「X」をクリックしてその場で削除したり、虫メガネをクリックしてFinderでファイルを表示したりできます。iBooks:電子書籍のサイズを考えると、このタブにはあまり意味はありませんが、ここではiBooksに保存されているすべてのファイルを一目で見ることができます。PDFをたくさんロードしている人なら、このセクションでいくらかのストレージを確保できるかもしれませんが、そうでない場合は、このタブは無視しても良いでしょう。iCloud Drive:これは、上で説明した「iCloudに保存」オプションへのリンクです。iOSファイル:このタブでは、古いiOSバックアップやインストーラーを削除して、かなりの空き容量を手早く確保できる可能性があります。古いバックアップをとっておく必要がないなら、ここで削除してしまいましょう。古いインストーラーも削除できます。iTunes:その名のとおり、このタブはiTunesフォルダです。楽曲は残しておきたいかもしれませんが、古い映画やテレビ番組、ポッドキャストは、ここでさっと削除してしまっても良いでしょう。メール:Appleの『Mail』アプリでは、すべての添付ファイルと画像が保存されるので、2年も使っていると、大量のストレージ容量が無駄に消費される状態になっている可能性があります。大量にスペースを消費している場合は、最近のメールと添付ファイルだけを保存するオプションがここに表示されます。そうでない場合は、このセクションには何も表示されません。写真:iCloudフォトライブラリを使っている人なら、「最適化した写真」だけをMacに残すオプションが以前から利用できていたはずです。これは基本的に、低解像度のバージョンだけを保存するという意味です。高解像度のバージョンはいつでもiCloudからダウンロードできるので、iCloudフォトライブラリに大量の写真が保存されていて、しかもMacの空き容量にあまり余裕がない場合には、このオプションをオンにすれば、写真へのアクセスを確保しながら、うまくスペースを節約できます。ゴミ箱:その名のとおり、ゴミ箱です。ここに大量のファイルが保存されているのなら、空にしてしまっても大丈夫です。

このストレージ管理アプリは、本気でスペースを整理したいエキスパートにぴったりのアプリですが、多くの人にとっても充分に役立ちます。このアプリの自動機能については、ほとんどがあまりオススメできませんが、たいていの人なら、手動でファイルを整理すれば、必要に応じてストレージ容量を手早く確保できるはずです。


Thorin Klosowski(原文/訳:梅田智世/ガリレオ)