ほとんどのアメリカ人が、11月と12月のホリデーシーズンで体重が増えているのではないかと疑っていたと思います。スマートスケール(訳注:Wi-Fi経由で計測した身体データをスマートフォンアプリと同期できる体重計)のデータを分析したところ、それが事実だということがわかりました。

ホリデーシーズンに増えた体重は落ちますが、すぐには落ちません。1月のダイエットで増えた体重の半分が落ち、残りを落とすのにほぼ1年かかります。研究者は「Withings」のスマートスケールのデータを使い、1年のうちどこで体重が変化するのかを見つけました。日本人はゴールデンウィークの間に体重が増え、ドイツ人はクリスマスと同じくイースターの辺りでも体重が増えていました。

出典:Weight Gain over the Holidays in Three Countries


パターンがわかれば、それを変えることもできます。体重が増える時期の前に食事により気をつけておけば、楽しいホリデーやゴールデンウィーク中にダイエットをしなくても、体重の増加を抑えることができます。

この分析をもっと詳しく知りたい人は、以下のリンク先(英語)をチェックしてみてください。


Weight Gain Over the Holidays in Three Countries | New England Journal of Medicine via New York Times

Beth Skwarecki(原文/訳:的野裕子)
Photo by Paul Sullivan.