「iOS 10」にはたくさんの新機能が加わっていますが、断トツで大きな変更点は、ロック画面の変更でしょう。それに伴って登場した新しいウィジェット画面は、ありとあらゆる形でプライバシーを台無しにしてしまうおそれがあります。ここでは、ウィジェットを完全に無効化する方法を紹介しましょう。

「設定」>「Touch IDとパスコード」の順に進み、「今日の表示」と「通知の表示」をオフにします。こうしておけば、ロック画面で右にスワイプしても、何も起こらなくなります。プライバシーをめぐる心配があまりない場合は、ウィジェットエリアに表示されるアプリをいつでも編集できますが、完全にこの機能を消してしまいたいのなら、こうするのが一番の方法です。

また、表示されたメッセージに他人が返信するのを避けたい方は、この画面を開いたついでに、「メッセージで返信」を無効にすることを考えても良いかもしれません。


How to Disable Widgets at Lock Screen in iOS 10 | OS X Daily

Thorin Klosowski(原文/訳:梅田智世/ガリレオ)