MacBook Pro / Airの充電の際に使用するMagSafe電源アダプタケーブルは、きちんとウィングに巻き付けて管理していても傷んでしまうことがありますよね。



実際、僕のMagSafe電源アダプタケーブルもいつのまにかケーブルの皮膜に亀裂が入っていました。このまま使い続けると、いずれ断線するのは目に見えています...。

そこで応急処置ではありますが、Lightningケーブルの断線防止方法としておなじみのボールペンのバネを使って、MagSafe電源アダプタケーブルを保護してみました。これでケーブルへの負荷を少しは減らせるはず。



電源アダプタケーブルがなかったら、MacBook Pro / Airもただのオブジェ。そうしないためにも、電源ケーブルに無理な負荷をかけないように普段の取扱いが大事ですね。


MagSafe電源アダプタの正しい扱い方


なお、Appleの公式サポートページでは、MagSafe電源アダプタを正しく大切に取り扱うことで、長持ちさせることができると案内しています。

主な注意点は以下の2つです。

アダプタ本体の接続部分とMagSafeコネクタ部分でケーブルをたるませる。ウイングにケーブルを巻くときには、アダプタとケーブルの接続部に大きな負荷がかからないようケーブルをゆるめに巻く。

MacBook Pro / Airユーザーは、MagSafe電源アダプタケーブルを長持ちさせるためにも、取り扱いを見なおしてみてはいかがでしょうか?

なお、ケーブル被膜の亀裂程度であれば前述したような応急処置もできますが、通電したりしなかったりという状態になってしまったら、安全のためにも電源アダプタの買い替えをしたほうがよいかと思います。



試す価値あり!iPhoneの充電ケーブルを断線から守る簡単で効果的な方法 | 男子ハック
Mac ノートブック:MagSafe 電源アダプタケーブルの負担を軽減する方法 | Apple

(ドサ健)