ビニール袋を使えば一眼レフを雨や雪から保護できると考えるかもしれませんが、実は正しい保護方法が存在します。フォトグラファーのBenjamin Jaworskyjさんが以下の動画内で紹介している方法はこうです。


まず必要なものはビニール袋、輪ゴム、そしてレンズフードです。レンズとカメラを完全に覆い隠せる大きさのビニール袋を使うようにしましょう。

まずレンズフードをカメラに取り付けます。次にビニール袋をレンズ下からカメラ全体を覆うようにかぶせます。レンズフードに輪ゴムをかけてビニール袋を固定したら、レンズ部分に穴を開けて袋をフードに折り返します。

動画でデモンストレーションされているとおり、本当に簡単なのでぜひ試してみてください!Jaworskyjさんはビューファインダー部分に穴を開ける方法も実演しています。もしくは袋にそのまま頭を入れてモニターを見るのでもOK。一眼レフと一緒にビニール袋を持ち歩いておけばいざというときに大活躍しますよ。


$1 Trick to Protect Your Camera in Rain or Snow |YouTube via PetaPixel


Mihir Patkar (原文/訳:wasabi)