inc.:若い頃は、才能があると褒められることもよくあります。サッカーが上手かったり、ピアノが上手に弾けたりしたら、大きくなったらプロのサッカー選手やピアニストになった方がいいと周りは思います。

しかし、年を取ると、突然そのような称賛がなくなります。もてはやされていた才能や能力は、見落とされ、評価されなくなり、自分の能力が過小評価されていると思うようになります。

しかし、ある種の性質や個性があれば、ビジネスの世界で(そして人生で)成功できると私は思います。それには特別な才能は必要ありません。今回は、成功につながる15の性質をご紹介しましょう。


1. 一生懸命努力する


努力家になる方法を人に教えることはできません。なろうと思わなければなれないもので、真の努力家になれれば人から一目置かれます。私は、喜んで何でもやる、できることなら何でもやるという姿勢を見せるチームメンバーにとても感動しました。そのような精神でいれば、必ず自分のできること以上に人生で成功します。


2. 自分にできることがわかっている


私は、自分で問題を解決しようとしたり、自分のできることを確かめる前に、誰かに助けを求める人に腹が立ちます。誰にでも活用できるリソースがあるのですから、楽な道を選んだり、自分でできることを誰かに押し付けたりするのではなく、自分に必要なものを見極めるためにも、できることはすべてやりましょう。


3. 率直にコミュニケーションする


率直で積極的なコミュニケーションをしていたら、あなたの発言の真意を疑う人はおらず、人から信頼されます。これは、成長している会社を率いている場合や、新しい会社に入社した時などに重要です。口頭もメールなどの文章もどちらもです。また、ポジティブな身振り手振りでも、親しみやすく思われ、より多くの人が一緒に働きたいと思うようになります。


4. どんなことも積極的にやる


与えられたすべての仕事やチャンスに「やります」と言うことはできないので、それぞれを吟味するのが大事です。大変な仕事も進んでやり、難しそうだからと言ってすぐにあきらめないのは素晴らしい資質であり、そのお陰で成長できます。周りの人に、積極的にやる気を持って仕事をしてくれる人だとわかってもらえれば、頼りになる人だと思われます。


5. 良いところに目を向ける


楽観的というのは、いつも笑顔でいなければならないという意味ではありません。(それでは一緒に働いている人に怖がられます)楽観的というのは、希望やポジティブな面を探そうとすることです。いつもネガティブなことに囚われていたら、チャンスを逃します。

例えば、私が大きなカンファレンスに出席するために、2時間かけて運転をして空港に着いたら、間違った空港に来てしまったことに気付きました。がっかりどころか、笑ってしまいましたが、そのことに囚われなかったので、辿り着いた空港から出るフライトに変更することができました。しかも、その変更したフライトで一緒になった人と、最終的にすばらしい関係を築くことまでできました。この話の教訓は、常に良い面に目を向けようということです。


6. 情熱的である


情熱は楽観主義の次のレベルのようなものです。一緒にいる人が、何かにとてもワクワクしていたり、情熱的だったら、あなたもそのうち微笑んでワクワクしてきます。気分というのは伝染するので、仕事に情熱的なのは、周りの人の心も熱くさせる最高の方法です。やる気がないのと正反対で、そのような気持ちがあれば成功するのはもっと簡単です。


7. オープンである


成功したいなら、自分のエゴを手放し、ベストな提案を認めなければなりません。自分のアイデアや提案、やり方が常にベストだとは限りません。オープンになり、流行や変化を認め、新しいアイデアを受け入れましょう。自分の考えたことだからと、自分のアイデアに固執するよりもはるかに良いです。


8. 効率よく良い仕事をする


迅速さや、即効性が大事な時代です。状況をすぐに好転させられれば、それだけ信頼を得られます。しかし、そうなると品質が見落とされがちです。例えば、今日中に書き終わる予定の原稿に、まだ手をつけていないとします。どんなに急いで締切に間に合わせたとしても、ゴミみたいな原稿であれば次はありません。良い仕事をする努力をしていない限り、早いだけでは認められません。


9. 貪欲に学ぶ


成功するには、知識やチャンスや人の意見を貪欲に求めなければなりません。純粋にもっと良くなりたい、もっと良い仕事をしたいと働いているような人が、最終的にビジネスの世界で最大手になります。したがって、できるだけすべての記事を読み、研究をし、貪欲に学びましょう。


10. 常に準備をしておく


何かに全力で取り組むために、いつ準備しなければならないかはわかりません。いつも準備万端の状態でいれば、仕事をすぐに進めることができ、時間が無駄になりません。常にノートとペンを持ち、スケジュールを守るようにしましょう。急な会議やブレストが入っても、常に書き留めるものを持っていれば困ることはありません。


11. 管理能力がある


整理整頓や管理能力は、一番過小評価されている特徴だと思います。しかし、素晴らしい管理能力があれば、流動的なたくさんの人と一緒に働いていても、すべてをきちんと管理し続けることができます。管理能力がある人を軽んじてはいけません。そのような人がそばにいるのは運がいいことです。物事がおかしくなることはありません。


12. 人と協力し合う


今の時代、会社や組織の中では、多くの人やチームと働かなければならないのが現実です。何でも一人でできる人はいません。成功するには、人と協力し合って働くことができなければなりません。つまり、進んで妥協したり、アイデアを出しあったり、チームワークを意識するということです。


13. 従来のやり方を変える


これまで決まった方法でやられてきたからというだけで、それに従わなければならないということはありません。これまでに有効だった方法であれば特に、それを変えないほうがいいと考える人は多いです。しかし、この考え方は一番厄介です。

私は最近、きちんとしたものが必ずしも良いものだとは限らないという記事を書きました。私の場合、職場で保守的だとは思われていませんでした。正直に言って、私が成し遂げた成功の多くは、予想に反して自分のやり方でやったことによるものです。現状を打破することで、素晴らしいものが生まれます。


14. 建設的な批判を受け入れる


これはとても大事なことですが、実際にできるようになるのは大変です。自分が間違っていると言われるのを聞くのが好きな人はいません。しかし、建設的な批判はそれだけではありません。あなたを成長させてくれます。そのことを理解し、自分の成長に利用できる人は、大きく成功します。


15. 早めに行く


自分が考えるよりも少なくとも20分早く起き、何か不測の事態が起こった時のために、余裕を持って早く行くようにしましょう。時間通りに着くのも素晴らしいことですが、早く着いた方が本当に有利です。いずれにしても、遅刻を謝るよりははるかに良いです。


才能だけでは成功はできません。ここで紹介した15の性質は、成功している人が備えている性質の中でも大事なものです。自分のことをじっくりと観察してみてください。この性質があまり備わっていなかったとしても、がんばれば身につけることができます。


15 Characteristics That Require Zero Talent That Will Help You Succeed|Inc.

John Hall(訳:的野裕子)
Photo By Shutterstock.