オーブンから漂う焼き立てパンの美味しそうな香り...パン作りは、趣味として取り組める一方、調理器具をあれこれ使ったり、キッチンや自分自身が粉だらけになったりと、美味しさはわかっているのに、面倒になってしまうのも正直なところです。

そこで『パンクックバッグ』を使い、パン生地のこね/一次発酵/二次発酵/焼き上げまでひとつの調理器具だけで済ませてしまいましょう。



『パンクックバッグ』は柔らかい手触りのシリコン製の袋。材料はすべてこのバッグの中に入れてしまいます。力を込めてパン生地をこねても、破れそうになる不安感はなく、何と言っても調理台の周辺が粉まみれにならないのは嬉しいかぎりです。


発酵させる間もオーブンで焼く際も『パンクックバッグ』の中に材料を入れっぱなしでOK。「基本のパン」の焼き上がりはバゲットのようで、主食のパンとして飽きのこない仕上がりです。

バッグ本体に「基本のパン」の分量が表示されているため、レシピ集が手元になくても作れるのも大きな特徴です。基本のパン作りに慣れたら、付属のレシピ集を参考にアレンジするのもよいでしょう。

もちろん、バッグは洗って繰り返し使え、調理器具としてのコストパフォーマンスも高いです。



「基本のパン」であれば、材料を混ぜてこね上げるまで約10分、発酵は30分を2回、オーブンでパンを焼く時間も15〜25分程度と、作業開始から1時間半程度で焼き立てパンが食べられます。

いつもより少し早起きして、焼き立てパンとともに素敵な朝の時間を過ごしてみませんか?

なお、焼き上がりはバッグ自体が非常に熱くなっていますので、必ずミトンや鍋つかみを使用し、火傷には十分ご注意ください。


パンクックバッグ|スケーター


(藤加祐子)