面接は、面接官と私たちがお互いに合っているかどうかを確かめる場です。ということは、普段は気にしないような点に注意して面接に臨む必要があるということです。今回は、そうした注意点をご紹介します。

この記事のネタ元のブログGlassdoorによると、4つの注意点を心に留めておけば、面接時の緊張が解け、リラックスできるそうです。また、建設の時間を質疑応答だけの時間から、面接の相手の立場を理解する機会にすることができます。

1. 面接官は、あなたに心地よく感じてほしいと思っています。もちろん、程度は人により異なりますが、ほとんどの面接官は、面接の時にあなたの本当の姿、本当のスキルを知りたいと思っているのです。わざと、あなたを緊張させようとしているわけではありません。

2. 面接官は、あなたに感動してほしいと思っています。面接官は、書類を見て「この人は求めている職種に合っていそうだ」と思わない限り、面接に呼びません。そのため、求めている職種やオフィスの様子、チーム等に感動してほしいと思っています。面接官は、あなたに「この仕事につきたい」と思ってほしいと思っています。また、面接官は「自分が仕事の魅力を伝えなければならない」と思っています。

3. ほとんどの面接官は、ひっかけ問題を出すつもりはありません。ちょっとしたひっかけ問題は、以前に比べてだいぶ減ってきましたし、意地悪ではなく、複雑な問題に対するあなたの対応を見たくて、変化球の質問を投げかけているのです。

4. 面接官も仕事に追われているかもしれません。必要なポジションを埋めるのに必死だったり、仕事の多さに参っているチームを何とかしたかったり、時間が少ない中でなんとか面接時間を捻出しているのかもしれません。いずれにせよ、窮地に置かれているのはあなただけではありません。あなたが弱い立場なわけでもありません。あなたが仕事を必要としているのと同じくらい、面接官も仕事をしてくれる人を探しているのです。これを忘れないでください。そうすれば、同等の立場で面接に臨めるはずです。

著者の経験から、2つ目と4つ目は特に重要です。覚えておくと、自分に自信を持てるはずです。


What You Don't Know About The Team That's Interviewing You| Glassdoor Blog

Alan Henry(原文/訳:曽我美穂)
Photo by ESB Essentials (Shutterstock).