フライ鍋やグリルを使えば、皮がパリパリのチキンの手羽先を調理することはたやすいことでしょう。でも、オーブンで完璧な手羽先を調理するのは至難の業です。

もちろん、天才料理人アルトン・ブラウン氏のやり方にならうのであれば話は別ですが。

最新の著書『EveryDayCook』で、ブラウン氏はゲームをしながら口にできる、みんなが大好きなおつまみを手早く作る、お気に入りの調理法を紹介しています。

最初にまず、チキンの手羽先を蒸します。パリパリとした皮に仕上げるには高温で過熱することが必要です。また、鶏肉の中まで十分に火を通すには、かなりの時間オーブンで焼き上げなければなりません。しかし、チキンをそのような高温のオーブンで長い時間焼き続けることは避けるべきでしょう。

そのかわりに、まず10分間ほどチキンを蒸し、その後ベーキングシートを敷いた鉄板の上にオーブンの焼き網を載せ、その上に蒸した手羽先を置いて、約210℃のオーブンで30分間焼くことを奨めています。

焼き始めて20分経ったら、手羽先を取り出し好みのソースをからめ、オーブンに戻してまた10分間焼きます。揚げ鍋で調理すると油分が心配になりますが、その必要もなく、しかも皮をパリパリに仕上げることができますよ。


Alton Brown: EveryDayCook | Amazon via Food52

Patrick Allan(原文/訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.