綿棒みたいに細いペンでちゃんと字が書けるのか? ...はい、書けます。

とりあえずメモを取りたいという瞬間には、書き心地よりも、まずそこに「ペンが存在する」ことが重要です。

『ミニモボールペン』は長さ9.1cm、軸径3.7mmの超極細ボールペン。触った感じの細さは本当に綿棒程度。しかし、この細さ小ささが、今までペンが入らなかった小物に、ペンをセットする便利さをもたらしてくれます。



右が一般的なサイズの名刺


『ミニモボールペン』は専用の差し込みホルダーシート付きで、このままの状態で名刺入れにピッタリ収まります。


超極細であっても「ノック式」という点も見逃せない特徴の一つです。ペン先が収まっていれば、インクで名刺を汚す心配もなく安心です。

名刺交換の際に出る立ち話の中にこそ、名刺には書かれていない重要なことが含まれているかもしれません。そんな時『ミニモボールペン』の存在が頼りになります。



『ミニモボールペン』は財布に入れておくのもおすすめです。カードホルダーが脇についている財布であれば、差し込みホルダーにセットしたまま入りますし、ボールペンだけを、札入れ部分の脇などに差しておくのも良いでしょう。



さて、肝心の書き心地ですが、滑らかスムーズとは言い難いものの、ちょっとしたメモを取るには十分の書き心地です。ボール径0.5mmですので、字の太さはいつも通りという印象を受けます。

細いペンの場合「しっかり握らないと書けない」という気持ちが働き、つい筆圧が高くなってしまいがちですが『ミニモボールペン』の本体は、その不安を補ってくれるほど剛性の高いものです。

『ミニモボールペン』はカラーも豊富で全4色。「こんなところにペンがある!」という驚きも楽しめそうなボールペンです。


ミニモボールペン|オート株式会社

(藤加祐子)