どんなにうまく運んでいる採用面接も、そろそろ終わりに差しかかると、面接官とまだ会話を続けた方が良いのか、それとも話を終わりにした方が良いのか迷う瞬間があります。でも、最後にポジティブな質問をすると、面接を高得点で終わらせることができます。

パブリケーション・サイトMediumのMarshall Darr氏は、面接官が面接の締めくくりに「他に何か質問はありませんか?」と聞いてきたら、その会社での面接官自身の体験について、いかにも興味ありげな口調で聞いてみることを勧めています。たとえば、次のような質問です。

「あなたがこの会社に勤務していて、今までで最高の瞬間はどのようなときでしたか?」

ちょっと安っぽい感じがする質問かもしれませんが、将来雇い主になる可能性のある人間が自社のどのようなところに価値を見出しているか話してもらうチャンスです。さらに、その面接官の潜在意識にあなたとの面接がポジティブな記憶として残るかもしれません。

これは面接を明るい雰囲気で締めくくることができるシンプルな質問です。もし面接官がすぐにポジティブな回答ができない場合は、その会社に入るのは考えた方が良いという新たな要注意信号になります。


End Your Interviews Like This | Marshall Darr via The Muse

Andy Orin(原文/訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.