『ユニバーサル・クールジャパン 2017』の一環として、12月16日から「大阪城」(大阪市中央区)で開催されるスペクタクル・ライブショー『戦国・ザ・リアル at 大坂城』。その発表会が現地で23日に行われ、大河ドラマ『真田丸』に出演中の俳優・草刈正雄と山本耕史が登場した。

「真田」の象徴でもある赤色の陣営に、赤の甲冑を身に着けた騎馬武者や戦国武将とともに現れ、集まった約200人のゲストの歓声を浴びた2人。「大坂冬の陣」をテーマに展開していく本格的なライブ・ショーについて、ドラマで真田昌幸役の草刈は「びっくりしました。でも大阪城をバックにイベントをするっていうのは、元々僕も考えたことがあるんですよ(笑)。ほんとに。世界から見た日本の文化で、戦国時代はとっても色っぽい。よく海外の俳優さんは戦国武将を演じたいと言いますしね。なので、このイベントは世界中がわくわくどきどきすると確信しております」と、期待を寄せてコメント。

石田三成役の山本は「三成は入城していないんですが、真田幸村が三成の思いを背負ってここで徳川軍と戦ったと思うので、僕にとっても熱いものがこみ上げてくる場所。日本が誇れるものっていろいろありますけど、日本の美ってこういうイベントにあると思うので、どんなものが見れるのか楽しみ。イベントが始まったらプライベートで来ようかな」と、興奮気味に話した。同イベントは12月16日から期間限定で、1日2回(時間指定)開催される。料金は大人2,480円から。