毎回好評をいただいている銀座の美人ママによるメルマガ『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』。今回は、利美ママが“お金持ちの成功者”から学んだ「お金と時間の使い方」についてお届けします。あなたがいつまで経ってもお金持ちになれないのは「お金をかける場所」や「時間の使い方」を間違っているのかもしれません。きちんと理解すれば、お金持ちに一歩近づけるかもしれませんよ!

お金と時間の使い方について

お金と時間について真剣に考えたことがありますか?

私が銀座で出会ったお客様で成功者と言われる方々はお金と時間について真剣に考えている方ばかりです。

人は生きていく上でお金という存在とは切っても切れない関係なのではないかと思っています。

日本人の感覚的に人前でお金の話をすることははしたないという感覚を潜在的に持っている気がしますが、果たしてお金について考えたり学んだりしないままでいいのでしょうか?

人生には多かれ少なかれお金が必要です。

お金に対してネガティブなイメージを持っているとお金から嫌われてしまうように感じます。

ですので、お金やお金持ちに対する自分が持っているイメージを紙に書き出してみることをおススメします。

ネガティブなイメージを持っていれば持っているほど、あなたの世界からお金が遠退いていきます。

私の経験上、お金を持っている、お金持ちと呼ばれる人たちはお金に対して勤勉です。

消費を抑え投資をし、それなりに貯蓄もあるので未来に対する不安な気持ちを何もしていない人たちに比べて持っていないと感じます。

かく言う私はお金持ちではないですが、自分の思い込み、信じていることに

「私は私が必要なお金に困ることはない」

というよくわからない思い込みが昔からあるからか、お金が必要な時にちょうど保険が満期を迎えたりして必要なお金に困ったことがありません。

ですが、必要以上のお金を作り出すことができないので、なにか自分の中にブロックがあることは気がついています。

私が向き合わなければと思っているお金に対する課題のひとつです。

未来に不安を持っている人たちの大半は働いて収入が得られなくなった後のことや健康でいられるかなど、老後に対して不安を持っているけど、何が不安なのかを具体的に考えないので、対処する方法を描き対処することも出来ず、不安な気持ちを解消することが出来ないまま時間だけが過ぎてしまいます。

私は人生は終活からすべきなのではないかと思っています。

終活とは

「人生の終わりのための活動」

の略で、人間が人生の最期を迎えるにあたって執る様々な準備やそこに向けた人生の総括を意味する言葉です。

今という地点から未来を思い描きつつ、理想の死の場面を想像し未来から今に遡ってしたいことやしなくてはいけないことをみつけ、行動していくことで死期が近づいた時にやり残したと感じることが少なくなるのではないでしょうか。

もちろん、理想の死を想像したとしてもその場面を迎えられるわけでなく、事故や病気で今日死んでしまうこともあるかもしれません。

だからこそ、自分の人生の理想の死の場面を想像しながらも、一日を一生と考え今日という日に悔いが残らないように生きる姿勢が大切なのではないかと思っています。

時間は無限ではなくいつか終わりがくる…

当たり前のことですが、若い頃や健康な時には真剣に死について考える機会は少ないと思います。

死について真剣に考えることは真剣に生きることと同じことだと思うのです。

死ぬまでをどう生きたいのか…

そう考えれば、自ずと、自分の考えや選択することが決まってくるように思います。

そのためにも、先ずは今現在の自分の状況を金銭も含めて把握することが大切なのではないでしょうか。

あなたは自分自身が一日にいくら使っているか、そして、特に一カ月でいくら使っているかを認識しているでしょうか?

消費が浪費にならないために、現状のお金の使い方の全容を把握することが大切です。

お金を大切に使うために先ずは節約できるところを見つけましょう。

何かを買う時には一度立ち止まり、本当に必要なのか考える癖をつけるようにするといいでしょう。

なんとなくお金を稼いでなんとなく貯金してなんとなく消費することが良いこととは思えません。

そのためにも投資、貯金、消費…何のためにお金を使うのかを明確にするようにしましょう。

また戴き物やお食事などを奢ってもらった時に、その金額をメモして一カ月でいくらくらいになったのかを把握してみることもおススメです。

私自身は専業主婦というのは家庭という組織を仕切る立派な仕事だと考えていますが、主婦の友達が自分自身が働いていなくて旦那様の収入に頼ている自分自身に自信が持てないでいるということを相談された時に、この方法をススメました。

近所づき合いなどでの戴き物や親戚の人にお食事をご馳走になったりで一カ月に10万円以上の金額を得ていることに気づき驚いていました。

そのことに気づいてからお礼の言葉だけでなく、旅行に行った時などにちょっとしたお土産を買ってきて渡すようになり、さらに数字に換算すると得る金額が多くなったとのことでした。

彼女は感謝の気持ちからお礼の言葉やちょっとしたお土産を渡していたのですが、結果、自分のところにかえってくるようになったわけです。

私は仕事をして報酬として金銭を手にすることだけがお金を稼ぐことではないのではないかと思っています。

お金のことについて真剣にかんがえてみること…

大切だと思います。

そして、

時間についてついても真剣に考えることが大切です。

人は生まれれば必ずいつかは死を迎えます。

時間の価値を考え知り自分の時間の値段、単価を自分で安く見積もらないことで時間を大切にすることを考えられるようになるかもしれません。

お金で時間は買えないというけど果たしてそうでしょうか?

例えば、家の掃除などの家事は自分ですることもできますが、家事代行業者などにお金を払って代りににやってもらうことで自分の時間をつくることだって出来ます。

つくり出せた時間で自分の趣味のことをしたり、溜まっている他の仕事をすることだって出来るのです。

仕事をしてお金を稼いでいるのに、自分の時間を作り出すためにお金を支払わなければいけないので、稼ぎと支払いに矛盾が生じることもあるかもしれませんが、自由な時間や充実した時間を過ごすという意味では満足のいく支払いとなるかもしれません。

仕事を自分でやって頑張れば頑張るほど自分の時間が削られたり、その仕事がお金に直結する場合もしない場合があったり、責任が重くなることもあるでしょう。

忙しかったり悩みが生じて病気になったりして治療費がかかったりしては元も子もありません。

お金を損したくないからと言って自分の時間を犠牲にしないことも大切です。

例えば、東京からニューヨークに行く飛行機を予約する時、直行便だと飛行時間は約13時間、飛行機のチケット代を安くあげるために格安チケットを何時間もかけてネットサーフィンするよりも、代行してくれる会社に頼んだ方が時給換算した時に効率がいい人だっています。

エコノミークラスとファーストクラスで到着時間は変わりませんが、飛行時間が同じでも料金が高くなることで、お料理や飲み物のランクや座席だけでなく添乗員さんのサービスも違ってきます。

また直行便ではなくどこかを経由して目的地に行くことで時間は直行便の時よりかかりますが、チケット代を抑えることができることもあるでしょう。

お金だけでなく時間をどう使うのか考えることがとても大切です。

時間を有効に使うことでお金を生み出すことが出来るはずです。

お金と時間の両立を目指し、お金と時間の自由を手に入れることを考えることで、自分自身の労働時間を減らして、それでいてお金を手に入れるという方法を考え出そうとするのではないでしょうか。

お金の自由と時間の自由があればそれが人生の豊かさにつながると思うのです。

ですので、お金や時間について自分自身がどういう思い込みがあるのかを知ることが大切です。

image by: Shutterstock

 

『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』
10歳の時の夢を叶え銀座のオーナーママになった利美ママのメールマガジン。22年間、夜の銀座でたくさんの男女と出会ってきたからこそ知っている人との接し方や心遣い、恋愛や結婚などの男女の関係や仕事での人間関係などが上手くいく秘密、銀座界隈でのデートや接待でつかえるお店や誕生日やお祝い事、ちょっとしたお礼に喜んで頂けているプレゼントなども紹介します。初月無料。

出典元:まぐまぐニュース!