7月7日に83歳で亡くなった永六輔さんは、幅広い交友関係をお持ちだったことでも有名です。今回の『佐高信の筆刀両断』では、著者で評論家の佐高信さんが、赤坂BLITZで開かれた「永六輔お別れの会」で意気投合した世界的な舞踏家・田中泯さんとのエピソードを交えながら、永六輔さんの偉大さを振り返ります。さらに、永さんと同時期に活躍し、親交も深かった大橋巨泉さんについても言及しています。

永六輔と大橋巨泉

林英哲の太鼓で田中泯が踊る。すさまじい迫力だった。

8月30日、赤坂BLITZで開かれた「永六輔お別れの会」のイベントの一幕である。

私は小室等のコーナーにゲストで出て、そのまま、楽屋で松元ヒロと話したりしていた。

そこに予定されていない客として田中が現われたのである。

私は、藤沢周平原作の映画「たそがれ清兵衛」に不気味な剣客として出たことや、山形の農民詩人、木村廸夫の人生を描いた「無音の叫び声」のナレーターとしての田中ぐらいしか知らなかった。

しかし、あとで聞くと、世界的な踊り手らしい。

木村のドキュメンタリー映画の話から入って、妙にウマが合い、終わって、松元ヒロと3人で飲んだ。

そして、同じ1945年生まれであることを知った。

ふだんは山梨県は甲斐市の山奥で農業をしているという。

9月8日、今度は東中野ポレポレで永を偲ぶイベントがあった。

小室等の小室寄席最終回の形でである。

そこにも私はゲストで出て、小室とトークし、まず、9日前に田中泯と意気投合した話をした。

これも永のおかげだと思ったからである。

松元ヒロと3人で飲んだと言ったら、

「ずいぶん濃いメンツだね」

と言われた。

そして、その日に思いついた話題に移った。

ツレアイに聞かれたことでもあるのだが、大橋巨泉の追悼には最初からいく気がなかったということである。

「こんなものいらない!」という番組にも呼ばれたし、護憲問題で三木睦子や落合恵子と一緒に記者会見したこともある。

それでも行く気になれなかったのはなぜかと考えて、巨泉はビートたけしらとのつきあいが深いからだと思った。

永のお別れ会にはたけしは来ない。

そんなことを話していたら、小室が、

「しめた!」

というような顔をする。

どうしてかと思ったら、巨泉の娘が会場にいたのだった。

私はあわてて、しかし、辛口評論家の私も巨泉の悪口は書いていない、と釈明したりしたが、会場は大ウケである。

小室も人が悪い。

壇から降りて来る時に、私は彼女のところに行って頭を下げた。

彼女は笑っていたが、永と巨泉の違いはやはり大きい。

小室を含めて、田中泯、林英哲、松元ヒロ等を世に出すよう尽力したのは永であって、巨泉ではない。

もちろん、巨泉も他の人よりは何倍もマシだが、永の目配りの広さと深さには及ばないのである。

image by: Tabatterstock

『佐高信の筆刀両断』第116号より一部抜粋

 

『佐高信の筆刀両断』

著者/佐高信(評論家)
高校教師、経済雑誌の編集者を経て評論家となる。著書に『保守の知恵』(毎日新聞社)、『未完の敗者 田中角栄』(光文社)など。相手が誰であれ舌鋒鋭く迫る様はメルマガ誌上でも遺憾なく発揮。“政治”に殺されたくない人は読むべし!

出典元:まぐまぐニュース!