家電コンシェルジュの神原サリーさんらが、最新家電の情報をお届けしてくれる、メルマガ『旬刊!ブログで言えない家電の話【神原サリーとゆかいな仲間たち】』。今回取り上げる家電は「冷蔵庫」です。近年の冷蔵庫のトレンドは「省スペース大容量化」をコンセプトに、最新の技術による高機能をウリにした商品が増えているとか。そんな中、サリーさんが今秋の新商品のうち注目しているのが「パナソニック」製品。高機能だけじゃない、「毎日の生活を楽しくする提案がある」とのことで、そのコンセプトを大絶賛しています。はたして、どんな冷蔵庫なんでしょうか?

冷蔵庫は大容量化よりも使いやすさや“提案力”

9月の新製品発表会ラッシュは例年のことですが、今年も1日にいくつも掛け持ちしないといけない日や、完全にバッティングしてしまって、どちらに行くのか選択を迫られることもあって、体力勝負、スケジューリング勝負の月です。

で、今回は冷蔵庫のこと。13〜14年前に置いてあったスペースに置けるのに、100L以上も容量が増えている、つまり「省スペース大容量化」が近年の冷蔵庫のトレンドです。まとめ買いやお取り寄せ、さらにはホームフリージングに対応できるものとして、冷凍室だけでなく、野菜室やチルドルーム(もしくはパーシャル)の容量も増えてきています。それなのに、買い替えるだけで消費電力が半分以下になるという「省エネ化」も見事です。

ただ、大容量化したから使いやすいかというとそうでもありません。

整理がしづらかったり、幅そのものは狭くとも、思いのほか奥行きがあって、奥に入れたものが取り出しにくかったり。また、三菱のように「冷蔵」「チルド」「氷点下ストッカー」「切れちゃう冷凍」「冷凍」と、さまざまな温度帯で保存できる冷蔵庫の場合、1週間まとめ買いした食材の保存温度をきちんとイメージしながら管理できる人でないと使いこなせないものもあります。

そんな冷蔵庫事情の中で、今年きらりと光ると思ったものが、パナソニックとシャープの2社。

パナソニックは「おいしい7days」をキャッチフレーズに、冷却スピードをアップさせた「微凍結パーシャルルーム」を上手に使いこなす提案をしています。微凍結パーシャルというのは、-3度で食材を保存するもので、肉や魚などの生鮮食品も1週間保存が可能です。まとめ買いした食材を冷凍することなく新鮮に保存できるのですね。

しかも今回、とてもおもしろい提案をしていると思ったのが、きんぴらやひじき、切干大根などの煮物、肉じゃがなど、常備菜(=作りおきのおかず)も微凍結パーシャル室に入れておけば、1週間もつので、上手につかってくださいね、というもの。

こうした作りおきのおかずは昔から「あともう1品」という時の助け船、お弁当の1品として重宝されてきましたが、いくら冷蔵庫に入れておいたからといって1週間日持ちするわけではありません。途中で火を入れて温め直したり、今ならレンジ加熱をする必要があったのですね。

それを微凍結しておくことで、ぐんと長持ちさせ、お弁当にもそのまま入れらるという便利さ。チルドルームやパーシャルルームというのは、まとめ買いしてすぐのころは満杯でも、週の後半には隙間ができ、ついには空っぽになってしまうこともありますが、常備菜を保存しておく部屋として提案することで、いつも便利にムダなく使えるという点がとてもいいと思ったのでした。

センサーで食材が投入されたことを検知して、急冷させるなどの技術があるにせよ、こうした「おいしい7days」のような、毎日の暮らしが何だかとても便利で楽しいものになるというような提案がないものは、生活者の心に響かないように思うのです。

だって、今回の発表会に出た後は、「常備菜を作ろう!」「常備菜をきれいに保存しておけるような保存容器を買おうかな」などと、思ってしまったほどですから。

そのほか、ナノイーの力で低温障害を防ぎ、バナナが黒くならない野菜室も素敵です。野菜室のケースを透明にし、底面にはステンレスプレートを敷いて、お手入れを簡単にしているところなども含めて、今年のパナソニックの冷蔵庫は本当にいいなと思いました。うーん、買い替えたい!!!

シャープの冷蔵庫の提案もとてもユニークで素敵なのですが、その話はまた次回に。

★パナソニック 冷蔵庫

(神原 サリー)

image by:Shutterstock

 

旬刊!ブログで言えない家電の話【神原サリーとゆかいな仲間たち】

著者:神原サリー/一条真人/岡安学
家電コンシェルジュの神原サリーとITジャーナリスト一条真人、デジタルライター岡安学の3人でお送りするメルマガです。家電の話題を中心に、雑誌やWebでは書ききれない、書けないようなディープな内容、また逆に些細な話題を取り上げていきます。ご質問、ご要望は随時募集していますので、ドシドシメールしてください。

出典元:まぐまぐニュース!