ふぐやタラの白子は美味しいけれど、ちょっとお高くて…という方。実は、スーパーで手軽に手に入る安価な「白子」があるんです。無料メルマガ『独身男性が自分で作る簡単! 腹いっぱい! ガッツリレシピ』では、この時期にしか手に入らない激安白子を使った茹でるだけの簡単な一品が紹介されています。浮いたお金でビールをもう1本、も可能ですよ。

秋の希少珍味!シャケ白子ポン酢

gatugatu佐藤です。今回は、「魚珍味が好きな方のための手軽な秋の希少一品」を伝授します。地方によって店頭に並ぶ時期は少し変わるかもしれませんが、9月に入るとスーパーの鮮魚コーナーにひょろ長い白〜い物体が並んでいるのを目撃したことはないでしょうか?

これ↓

0929_gr1

シャケの白子(白子とは精巣です)。秋の一時期だけに出回る希少食材です。他の白子と同様で臭みがありますが、下処理で抑えることができ、薬味などと合わせれば美味しく食べることができますし、様々な料理にすることが可能です。「わしは、魚の珍味には目がないんじゃ!」という珍味好きには超おすすめです。ふぐの白子やタラの白子など「白子」といえば高価なイメージですが、それらの白子と違い「シャケの白子」は、かなり安価で手にはいります。例えば、上記の写真のシャケ白子は、280円。2ふさでこの値段ですから、安くついたぶん、ビール1本増やせます。

で、シャケの白子は美味しいだけでなく特殊な栄養を持っています。一番は「核酸」。リボ核酸 (RNA)とデオキシリボ核酸(DNA)が……と難しい説明をしてもよくわからないと思いますので簡単にいうと体の細胞が新しく入れ代わる時に必須の物資です。貧血予防、肥満予防、脳機能の改善、疲労回復、糖尿病やガンの予防効果もあり、美肌効果も発揮します。シャケの白子にはこの「核酸」をたくさん含んでいます。もう1つは「プロタミン」という成分。老化防止の効果があり、その成分によって肌艶が良くなることから化粧品に使用されているそうです。このような効果もあり、コレステロールも少ないですから「珍味類はちょっと……」という方にも食べていただきたいです。

で、おすすめの料理はシンプルにゆでてポン酢をぶっかけるだけの「シャケ白子ポン酢」。これが一番手軽に作れるシャケ白子の基本料理ですね。私が大阪に居た頃のお店では「シャケ白子ポン酢」を付き出しでお客さんに出していていつも好評でした。原価が安いのでお店もたすかり、お客さんにも好評なのでWIN-WINな食材です。湯でるだけのシンプルな料理ですが、臭みを抑える「湯で方」を説明したレシピは熟読しておいた方がいいと思います。

レシピ

【材料】
シャケの白子……1房
酒……大さじ1杯
塩……小さじ1/2杯
刻みネギ……少々
大根おろし……少々
一味唐辛子……少々
ポン酢……大さじ1杯くらい

写真がシャケの白子。鮮度の良いものを買ってください(傷むのが早い食材です)。

0929_gr2

 

1.鍋に湯を400ccくらい沸かします。

0929_gr3

2.シャケ白子は、裏返すと「筋(すじ)」が付いているので、包丁で切り取ります。

端の筋を少し切り取り、指で持ち上げながら筋と身の境目を切っていくイメージです(取りにくい部分ですが、湯でると硬くなり食感が悪くなるのでできるだけ綺麗に切り取ってください)筋が取れたら、2cm幅で切っておきます(一口サイズ)。

0929_gr4

3.鍋の湯に酒大さじ1杯、塩小さじ1/2杯を入れます。

臭みを抑えるために酒、塩を入れてゆでます。沸騰したところに切ったシャケ白子そろ〜っと入れ(2、3コづつ)、全部入ったら弱火(グラグラ湯でない火加減)にします。

このまま5分ほどゆでます(中まで完全に熱が通るまで湯でる)。グラグラ沸騰させて茹でると、白子が潰れてくるので、弱い沸騰の状態で湯でてください。

0929_gr5

4.氷水を準備します。

0929_gr6

5.5分後、穴あきのお玉などで白子をすくい、氷水にそろ〜っと入れ急冷します(このまま5分おく)。

0929_gr7

6.ザルにそろ〜っとあけ、水気をきります。

0929_gr8

7.小鉢に、白子を重ねて盛り、白子の上に刻みネギ、大根おろしをのせ、一味唐辛子を少しふリ入れます。

横からポン酢を入れて完成です(大葉はあれば下に敷きます)!

0929_gr9

秋の一時期しか食べることができない希少食材です。シャケ白子ポン酢は「ゆでるだけ」なので簡単! 応用編としては「フライにする」「鍋に入れる」「バター醤油焼」「野菜と共にホイル焼」「焼いて砂糖醤油でからめる」「味噌汁」「生姜煮」「パスタにぶち込む」などもの方法でも美味しいです。スーパーで見つけたら是非作ってみてください。

出典元:まぐまぐニュース!