長い人生、「イヤなことばかり続いてもう心が折れそう…」という時も少なからずありますよね。今回の無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』では、著者の佐藤しょ〜おんさんがちょっと怪しい(!?)、でもとてもハッピーになれる「魔法の呪文」を紹介しています。ただつぶやくだけなので、ほんの軽い気持ちで試してみてはいかがでしょうか。心が少しだけ軽くなるかもしれませんよ。

不幸を打ち消すマントラとは

久しぶりにちょっとだけ怪しい系のネタを書いてみましょうか。みなさん不幸ですか〜? あれ、これはちょっと違うか。でも生きていると誰しも、「チョ〜最悪、やってられんわ」ってこぼしたくなるようなことって体験しますよね。

おカネを落とした 競馬でオケラになった 左遷させられた 解雇された 離婚された 車で事故った ケガをした

どんなことでも良いんですが、この程度の不幸をゼロにすることなんて出来るわけ無いんですよ、ということは何度かこのメールマガジンでも、もっと深い話はセミナーでもしています。

では発生してしまった不幸をどうやって止めるのか、というワザを身に付けておくと人生は楽に生きられるんです。その初級編が、「そんな事もあったなあ〜」というマントラです。

マントラというのは呪文のようなもので、不幸な状況になったらこの呪文を口で言えば良いんです。たったいま発生した不幸であっても、その日寝る前に、ベッドの上で、「そういう不幸なイベントもあったなぁ〜」と呟くのです。

そうしたらその瞬間に、その不幸なイベントは過去のモノに変わるんです。不幸は現在進行形だから辛いんです。これが過去形になれば単なる思い出、記憶の問題ですから。そのためには感情の部分でその不幸なイベントを過去形に変化させるんです。

そしてその直後に、「ああいう辛い事があったから幸せになれちゃうんだよなあ」と呟くのです。それを言った瞬間に、幸せになる未来のレールが作られるのです。

不幸をいつまでも現在形で抱え込んでいるから、いつまで経っても不幸が終わらないんです。過去形にして人生の記憶にしてしまい、さらに明るい未来を作れば良いんです。そうしたらその未来は、あなたが人生を歩むことで、現在形になるんです。

先に未来形を作っておかないと、それは現在形にならないんです。というか、現在形になるべき未来形が存在しなければ、いつまで経っても何も起こらないのは当たり前です。

ちなみにこれ、両方やらないとダメですよ。

不幸な現実を過去形に変換して、そして未来形を作る。そうすると現在形が真空状態になるんですよ。だってこのふたつの作業では、どこにも現在自分がどうなっているのかを意識していないんですから。そして時間軸というのはいつでも、現在から未来に向かって動いているんです。そうしたら論理的に考えて、イメージした未来が現在形になる以外に無くなっちゃうじゃないですか。しかもこの現在形が、いまこの瞬間で空っぽなら、真空のところにグイッとものが引き寄せられるように引っ張られるに決まっています。

このワザを使うと、一般人の10倍のスピードで不幸から離脱出来ますよ。

image by: Shutterstock

 

『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』
著者/佐藤しょ〜おん
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て無料で公開。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信する。

出典元:まぐまぐニュース!