突然気温が下がり体調がすぐれない、という方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、無料メルマガ『一石三鳥健康メルマガ』では、免疫力を高め、その上細菌の侵入を阻止したりがん細胞の増殖を抑えるなど、里芋のものすごい健康効果を紹介しています。

里芋 〜栄養編〜

急に気温が下がりました。数週間前には、一向に利かないクーラーにイライラしていたのに、今や長袖長ズボンで熱いお茶をすすっています。やっとあるべき秋の気温になったとはいえ、こんなジェットコースターのような気候では、体調が追い付きません。街を歩いていても、咳をしている人を多く見かけるようになりました。今日は、免疫力を高める効果のある野菜をとりあげます。

それは里芋です。私にとって里芋って、皮に毛が生えていて泥を落としにくいし、皮をむきにくい。料理といっても煮っ転がし以外どんな料理が…? という野菜でした。しかし里芋を勉強するにつれて、こんな素晴らしい野菜を食べない手はない! と思うようになったのです。

まず、里芋の旬は8月から12月、今が最もおいしい時期とされています。でも、芋ってカロリーが高いイメージがありますよね。ただでさえ「食欲の秋」なのに、これ以上太りたくない!と思われるかもしません。しかしご安心を。里芋は芋類の中でも水分が多いので、カロリーがとても低い食材なのです。100グラム当たりのカロリーで比較してみましょう。

さつまいも:132キロカロリー かぼちゃ:91キロカロリー じゃがいも:76キロカロリー 里芋:58キロカロリー

…ふかしたさつまいもにバターを乗っけて食べるのはもうやめよう、うん。

さて、カロリーの低さ以外に里芋の特徴といえば、なんといってもあのぬめりです。ガラクタンとムチンという成分が、あのヌメヌメとした質感を作っています。ガラクタンは、免疫力を上げる効果や脳細胞活性化の効果があります。がんを予防するだけでなく、がん細胞の増殖抑制の効果もあるそうです。ムチンは、粘膜を潤して細菌が侵入するのを防ぎます。また、水溶性食物繊維の一種なので、便通改善の効果があります。

あまり知られていませんが、里芋の中には銅が多く含まれています。全体の約20%です。鉄分は貧血防止のために摂っても、銅はあまり摂取するイメージがない方が多いと思います。実は、血を作るために銅は必要不可欠な成分です。血の赤い色素は鉄分が主成分ですが、その鉄を必要なところに届ける仕事をしているのが銅だからです。また、コラーゲン生成にも銅は欠かせません。さらには、抗酸化物質を除去する働きも担っています。乾燥の季節に入り血行不良で肌がくすみがちな方は、里芋で増血ビューティーを目指しましょう。

銅を摂りすぎた場合に排出する役目を持つ、モリブデンも含まれています。自然ってよく考えられていますねえ。モリブデンには、脂質や老廃物の排出を助ける働きもあります。

あと、ビタミンB6も見逃せません。里芋には全体の12%ほど含まれています。美肌美髪のビタミンです。肌も髪もパッサパサの方は、デート前にたくさん食べてください。ビタミンB6はそのほかに、脳神経系の疾患を予防する効果があります。先に書いたガラクタンと仲良くやってくれそうですね。さらに、月経困難症の方はいらっしゃいますか? 生理前になんだかイライラして周りに当たり散らしたり、おなかが痛くて仕方がなくなるかたは、ビタミンB6があなたを穏やかにしてくれますよ。

ビタミンB6においては、水溶性なので摂りすぎても尿中に排出されます。だから、心配ご無用です。

次回は、里芋の煮もの以外の変わった食べ方をご紹介します。お楽しみに。

image by: Shutterstock

   『一石三鳥健康メルマガ』
ベジタブル&フルーツアドバイザーであり、薬膳に関する資格も取得に向け勉強中という筆者が、世界の食材や食習慣を「栄養」「中医学」「英語」という3つの面から紹介する、一石三鳥のメルマガ。

出典元:まぐまぐニュース!