これからの時期の楽しみのひとつに紅葉狩りがありますが、なぜ秋になると葉が赤く染まるのか説明できる方は少ないかもしれません。今回の無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では紅葉のシステムについて詳しく紹介、さらに年によってその時期がずれたり色づき方が違ったりする理由も記されています。

どうして秋になると紅葉するの?

この季節になると色づく葉。どうして夏は緑で秋になると黄色や茶色になるのでしょうか?

葉には「光合成」をするための「葉緑体」という器官があります。これには「クロロフィル」という光合成のための色素があって、この色素が緑色をあまり吸収しないので、反射された色が私たちの目に届きます。葉が緑色だというのは光合成をする器官の色素のせいなのです。

さて、秋になると日が短くなり、気温も下がってきます。植物は光合成を行うことで栄養を作り出すのですが、日が短くなって気温が下がると、光合成の効率が悪くなります。

一方、葉っぱ自体も養分を消費します。葉っぱが作る養分の量と消費する量を比べて、消費する量が上回るようでは葉っぱの役目は終わりです。

クロロフィルは再生と分解が繰り返されているのですが、徐々に分解だけが行われて、再生されなくなります。そうすると「緑」が減って、カロテノイドと呼ばれる黄色の色素がみえてくるようになるので、葉が黄色く見えるようになります。

では「紅葉」は?

こちらはもう少し複雑で、葉で作られたブドウ糖を枝の方に戻している流れをせき止める物質ができます。そうするとブドウ糖が紫外線で分解され、アントシアニンという色素ができます。その赤色が見えていると考えられています。

さて、年によって紅葉のシーズンがずれることも、また見え方が綺麗なのとそうでないのと差があるのはこれで想像がつきますね。日が短くなるというのは、毎年ほぼ同じです。短くなり始めたら一直線です。でも、気温は暑い時期が続くこともあれば、暑くなったり寒くなったりを繰り返すこともあります。

寒暖を繰り返すと、葉っぱごとに色のつき方がばらついてしまいます(植物もすぐに反応していいかどうか迷うわけです)。紅葉のことを考えると、一気に気温が下がると、一斉に色づいた、綺麗な様子を眺めることができるわけですね。

今年の紅葉はいかがでしょうか?

image by: Shuttestock

 

『1日1粒! 「幸せのタネ」』 「楽しく豊かな人生」を送るために役立つさまざまな気づきを、「学び」をキーワードに「幸せのタネ」として毎日お届けします。

出典元:まぐまぐニュース!