社会生活を送っている限り、他人に対してイライラしたり不満を抱いてしまうことは避けられないものですが…、このような感情をコントロールできたとしたら、ビジネスシーンにおいてもきっと役に立つはずですよね。そんな方法を伝授してくれるのが、無料メルマガ『うまくいく人の目標達成術』の著者で心理カウンセラーでもある吉田こうじさん。たった10分でできる簡単アンガーマネジメント法です。

怒りが教えてくれる大切なこと

「どうしてあの人は、あんなにもくどいんだろう?」
「どうしてあの人は、あんなにも短気なんだろう?」
「どうしてあの人は、嘘ばっかりつくんだろう?」
「どうしてあの人は、頭が固いんだろう?」
「どうしてあの人は、決断してくれないのだろう?」
「どうしてあの人は…」

こんなふうに、誰か他者に対してイライラしたり不満を持つことってありませんか? 「怒り」の感情って「なにくそ! いまに見ていろ!」と自分を鼓舞するためのプラスに働くこともありますが、「怒り」の感情を手放せないせいで、誰かに八つ当たりをしてしまったり、仕事に集中できなかったりと、マイナスに働くことも多いわけです。

プラスのエネルギーに変換することで、自分にとっていい結果を生み出せているのならいいのですが、もし、現状そうじゃないなら「怒り」について、もっと自分と向き合って見る必要があるんじゃないかなって思ってます。

今回は「怒りが教えてくれる大切なこと」をテーマにお届けします。

私たちが、相手のある「特徴」に対してイライラしているとき、実はその「特徴」を自分自身も持っていて、それを棚に上げて相手に不満をぶつけていると考えてみたことはありますか? おまけに、自分自身はその「嫌な特徴」を周囲に対して隠し通せていると思っているのですが、実はそれが相手にはバレバレだったりするって知ってましたか?

「鏡の法則」「正負の法則」「投影」…、呼び名はなんでもいいのですが、他者に対して「嫌な特徴」が見えるとき、実はそれを私たち自身も、その「嫌な特徴」を持っているのです。ですから、私たちが他者に対して何らかの「怒り」の感情を持つとき、実は「自分自身の中にも他者と同じ要素がある」ということを知るチャンスなのです。

そして、「怒りは自分自身を知るチャンスなんだ」ということに気づくことができると、いわゆる「アンガーマネジメント」が超簡単にできるようになります(ただし、根深い「恨み」「怒り」には、もう少し掘り下げたセラピーが必要かもしれません)。

では、具体的に自分の中にある「嫌な特徴」に気づき手放す方法についてお話しします。

例えばあなたが、「どうしてあの人は、あんなにもくどいんだろう?」、こんなふうに思ったなら、「これまでの人生の中で、自分のことをくどいなと思う人がいるとしたら誰だろう?」、これを考えてみます。

例えばあなたが、「どうしてあの人は、あんなにも短気なんだろう?」、こんなふうに思ったなら、「これまでの人生の中で、自分のことを短気だなと思う人がいるとしたら誰だろう?」、これを考えてみます。

この作業を徹底的にやっていくと、自分の中にある「嫌な特徴」を棚に上げて、一方的に他者を責めている自分自身がいることに気づくことができます。気づくことができれば、「あー、なんだ、あの人も自分も同じじゃないかー」と、怒りが手放しやすくなります。もっと不思議なことに、怒りが手放せると、その相手の人が、あなたを怒らせるようなこともしなくなります。

そういう意味で、何らかの怒りの感情を持った時、それをポジティブな解釈に変更したり、怒りを忘れようとしたりするよりも、しっかりと怒りの感情を感じながら、怒りの奥にある「自分の知らない自分」と向き合ってみるといいと思います。

周りにイライラする人がいて困っているという方は、ぜひ、10分程度時間を作って掘り下げてみてくださいね。

image by: Shutterstock

 

『うまくいく人の目標達成術』
自分自身のリーダーシップを高め、富と幸せを引き寄せ、それらを豊かにわ分かち合い、感謝と感動の中で楽しく成長し人生をエンジョイするための成功と幸せのビジネス系スピリチュアルスキルをお届けしています。

出典元:まぐまぐニュース!