1982年に登場するや瞬く間に日本中を席巻、かつては国民機と呼ばれるほどの人気を実力を誇った「98シリーズ」の祖であるNECのPC-9801が、このほど未来技術遺産に登録されました。メルマガ『旬刊!ブログで言えない家電の話【神原サリーとゆかいな仲間たち】』の著者のひとりで、作家・ITジャーナリストの一条真人さんは、このマシンの登場がいかに衝撃的であったか、そしてPC界にどれほどの影響を与えたのかを詳しく記しています。

NECのPC-9801の登場はなぜ大きな意味を持つのか?

NECのPC-9801が独立行政法人国立科学博物館によって「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」に登録されたと発表された。今ではパソコンといえばWindowsパソコンが普通で、パソコンに個性がなくなってしまった今日この頃なので、このNECのPC-9801になぜそんな価値があるのか? 不思議に思う人がいるかも知れない。

● NECのPC-9801などが「重要科学技術史資料」に登録

NECがPC-9801を発表したのは1982年。当時は8ビットパソコンの全盛期で、パソコンの主な用途はゲームだった。これに対してPC9801はインテルの8086という16ビットプロセッサが搭載。当時のNECの主力8ビットパソコンはPC-8801という同じくインテルのZ80というプロセッサを搭載していた。

8ビットのプロセッサは一度に扱えるデータサイズが8ビットでアクセスできるメモリ空間も小さかった。これに対して、16ビットプロセッサは16ビットのデータが扱える。そして、アクセスできるメモリ空間も飛躍的に大きくなった。これによって、処理能力が大幅にアップしたのだ。

1981年8月、IBMもIBMとしてははじめてのパソコン「IBM PC」を発表した。登場自体はPC-9801の前年であり、この機種もその時代の新機種に相応しく16ビットプロセッサを搭載していた。

しかし、そのプロセッサは「8088」で、外部バスが8ビットとなっていて、PC-9801の8086と比較して処理能力が低かった。そのため、1982年時点ではPC-9801という日本のパソコンの処理能力がIBMのパソコンよりも処理能力が高かったわけだ。

ちなみに日本のパソコンは英数字のみが使えれば実用的であるアメリカとは異なり、漢字、ひらがな、かたかなを含めた日本語を扱う必要があった。8ビットパソコンの時代にも日本語ワープロソフトは存在したが、処理速度が低く、あまり実用的ではなかった。

これに対して、PC-9801は漢字を表示するための漢字データを「漢字ROM」として搭載し、高い処理能力ゆえの高解像度表示で日本語を実用的なものにした。このPC-9801の登場から「松」、「一太郎」など日本語ワープロソフトが発達し、パソコンで日本語を実用的に使えるようになった。

16ビットパソコンの登場は、パソコンで日本語を扱うことを実用的なものにしたということで、大きなマイルストーンを超えたということができるだろう。PC-9801は日本のパソコンの歴史のなかで大きな転換点となったパソコンなのだ。(一条真人)

image by: Flickr

 

『旬刊!ブログで言えない家電の話【神原サリーとゆかいな仲間たち】』

著者:神原サリー/一条真人/岡安学
家電コンシェルジュの神原サリーとITジャーナリスト一条真人、デジタルライター岡安学の3人でお送りするメルマガです。家電の話題を中心に、雑誌やWebでは書ききれない、書けないようなディープな内容、また逆に些細な話題を取り上げていきます。ご質問、ご要望は随時募集していますので、ドシドシメールしてください。

出典元:まぐまぐニュース!