突然入ってきた「北朝鮮の幹部が日本に亡命した」という、真偽不明の極秘ニュース。10月5日の記者会見で菅官房長官は「(韓国メディアの)報道のような事実はない」と否定しました。メルマガ『宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」』の著者で北朝鮮の内情に精通している宮塚先生に、某マスコミからもたらされた今回の情報は本当なのでしょうか? その信憑性について、宮塚先生本人が詳しく解説しています。

日本は北朝鮮からの亡命者たちの玄関口になったのか?

メルマガの別の原稿を書いていたら、東京の某マスコミから連絡があった。

「先生、北朝鮮の高官が日本に亡命したって本当ですか? 中朝国境からですか? それとも欧州のどこかですか? 知っていることがあれば教えてください」と言う。

随分性急な話である。私はこの手の情報には接していないので何とも答えられない。直ちに東京にある某国大使館の知り合いに電話をしたが、つながらない。ということはこの話は本当なのか、と疑問がわいてきた。

「北朝鮮の高官が日本に亡命」などとは考えられない話である。しかし、山口県に上陸(不法侵入)した北朝鮮からの逃亡者(亡命者)の件もある。インターネットにはソウル時事電として、5日付の韓国紙『中央日報』は、北京駐在の北朝鮮幹部2人が9月末、家族とともに日本へ亡命を求めたと報じた。消息筋の話として伝えた。

これに対し、菅義偉官房長官は5日の記者会見で「報道のような事実はなく、日本への亡命を希望する北朝鮮人がいるとは承知していない」と否定した。日本の在外公館や政府機関に北朝鮮関係者が接触した事実はないと述べた。

一方、『聯合ニュース』は、「北朝鮮代表部の幹部が日本行きを推進している」という情報を否定しながらも、「保健省出身の北朝鮮幹部が韓国行きを求めている」と報じており、情報が錯綜している。

中央日報によると、亡命を求めている2人は北京の北朝鮮大使館所属の外交官ではなく、北朝鮮代表部の所属。代表部の幹部は貿易、経済協力などの業務を手がけているという。

うち一人は金正恩労働党委員長とその家族の専用医療施設を管轄する保健省1局の出身で、金委員長の健康に関連し、医薬品や医療設備の調達などを担当していた。2人とも日本への亡命を希望しているが、最終的な亡命先は流動的とされる。

韓国政府は8月、英国駐在の太ヨンホ北朝鮮公使が韓国に亡命したことを公表していた。朴槿恵大統領は今月1日に行った演説で、「北朝鮮の体制を支えていたエリート層まで離脱している」と指摘、北朝鮮住民に対し「韓国の自由な地に来るよう願う」と呼びかけていた。

北京駐在幹部らの亡命を念頭に置いた発言という見方もあるという。『朝鮮通信』(東京)によると、北朝鮮の国営メディアはこれまでのところ、北京駐在幹部の亡命情報を論じていない。韓国統一省報道官は5日の記者会見で、報道に関連し「今のところ、確認できることは何もない」と述べた。

別の報道機関も中央日報の記事を引用して、「北朝鮮高官2名『日本亡命希望』のインパクト」と題して次のように報じている。報道によれば、「北京代表部の代表」という肩書で活動してきた北朝鮮・保健省出身の高官A氏が9月28日、夫人と娘とともに北京の日本大使館側と接触、日本行きのための手続きを行っているという。このA氏は「日本に親戚がいる」と述べ、ソウルよりも東京に行くとの意思を示しているようだ。

「日本に親戚がいる北朝鮮の高官」とは驚きであり、「ソウルよりも東京に行くとの意思を持っている」ということになると、これは今までの亡命劇とは様相が異なってくる。しかも、菅官房長官は「日本の在外公館や政府機関に北朝鮮関係者が接触した事実もない」と言っているのに対し、すでに9月28日に「夫人と娘とともに北京の日本大使館側と接触、日本行きのための手続きを行っている」と報じているではないか。

菅官房長官が「嘘を言っている」と下衆の勘繰りをしたくなるが、もし、この亡命が事実ならば菅官房長官の発言は「外交辞令」とみなせばいい。問題は「日本親戚がいる」という事実である。

先の報道機関が「北京は北朝鮮の特権層がもっとも住みたがる都市。北朝鮮外交の中心でもある北京で脱北や亡命が発生したことは、平壌当局も大きな衝撃として受け止めざるを得ないだろう」と述べているが、この事件はこれまでの亡命劇と様相が異なるばかりか、日本政府にとっては「青天の霹靂」になるかもしれない、重大事である。

北朝鮮が「日本に親戚がいる高官を北京に派遣することはあり得るのか」「夫人や子供までも一緒に赴任させるとは、平壌政府もよほど信用している人物なのか」などの疑問はもとより、「日本に親戚がいる高官」の素性は北京の北朝鮮大使館側が公表すれば分かることであるが、「日本の親戚」とは「朝鮮総連系か韓国系、それとも日本人拉致者や特定失踪者家族、終戦後、北朝鮮内に留まざるを得なかった日本人残留者の家族」などが考えられるが、はたしてどうであろうか。

日本政府は山口県意不法上陸した人物を「北朝鮮の人物」と断定しながら、その後は「韓国に行かせてしまった」が、はたしてこの人物が「北朝鮮から来た北朝鮮の人物なのか、韓国から来た北朝鮮人になりすました人物なのか」明らかに(公表)していない。

北朝鮮の保健省所属の人物は、中国に頻繁に出入りしている者が多く、私も丹東で医薬品貿易をやっている朝鮮族の会社社長に会ったことがあるが、彼は「こっちも二重スパイ」などということはあり得ないだろうが、それにしても[日本行きの手続きを行っている]とは誰が確認したことなのか、誰がマスコミにリークしたのか、謎深い話である。

宮塚コリア研究所代表 宮塚利雄

image by: Shutterstock

 

『宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」』より一部抜粋

著者/宮塚利雄
元山梨学院大学教授、現宮塚コリア研究所代表。テレビなどのメディアでは決して話せない北朝鮮やアジアに関するマル秘情報、長年の研究対象である焼肉やパチンコだけではなく、ディープな在日朝鮮・韓国社会についての見識や朝鮮総連と民団のイロハなどについても語ります。

出典元:まぐまぐニュース!