停戦中にアメリカが行ったシリアへの空爆を境に米ロ両国の関係が悪化していることは、先日掲載の記事「すでに軍艦も出港。米の誤爆に激怒のプーチン、米ロ戦争を決意か」でお伝えした通りですが、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者でモスクワ在住の北野幸伯さんは、プーチン大統領がアメリカに事実上の「最後通牒」をつきつけ、戦争へまた一歩近付いたとしています。

プーチンがアメリカに「最後通牒」

モスクワの最高気温は、プラス5度。どんよりと曇り、近々雪が降るといわれています。そして、私の心も、モスクワの天気と同じく、寒く、暗く、今にも雪が降りそうな感覚。なぜでしょうか? プーチンがアメリカに、「最後通牒」を出したから。

今回の話は、昨日のつづきです。必ずこちらからご一読ください。

● すでに軍艦も出港。米の誤爆に激怒のプーチン、米ロ戦争を決意か

アメリカとロシアは、シリア停戦を実現すべく、共に作業を進めてきました。それで9月12日、停戦合意が発効した。ところが、9月17日、アメリカ軍の空爆でアサド軍の兵士60人が亡くなります。

アメリカは、「誤爆しました。すいません」と謝罪。しかし、ロシア側は、「停戦をぶち壊すために、カーター国防長官がわざとやらせた!」と激怒。これでアサド軍は9月19日、「停戦終了」を宣言。10月3日、アメリカはロシアとの「停戦協議中止」を発表します。米ロ関係は、大変険悪になりました。

ここから、ロシアは、あらゆる面で強硬になっていきます。プーチンは10月3日、「余剰プルトニウムの処分に関する米国との合意」を停止する大統領令を出した。

<ロシア>米との合意停止 余剰プルトニウム処分で

毎日新聞10月4日(火)12時43分配信

 

【モスクワ杉尾直哉、ワシントン会川晴之】ロシアのプーチン大統領は3日、米露の核軍縮合意により生じた余剰プルトニウムの処分に関する米国との合意を停止する大統領令を出した。「米国の非友好的な行動の結果、状況が根本から変化した」としている。

「米国の非友好的な行動の結果、状況が根本から変化した」

この「非友好的な行動」とはなんでしょうか?

プーチン氏は3日、米露合意を破棄する法案を露下院に提出した。提出理由として、米側が余剰プルトニウムを発電で消費せず、合意に違反して「貯蔵」しようとしていると指摘。さらに、米国による

 

東欧・バルト3国の軍備強化 ウクライナ問題を巡る対露制裁 ロシア国内の人権侵害に対して米国が制裁を科す「マグニツキー法」(12年成立)

――などを列挙した。
(同上)

この三つなんですが、日本の新聞とロシアの報道では、かなりニュアンスが違っています。ロシア国営放送RTR「ヴェスティ ニデーリ」10月9日では、「ロシアは、アメリカに最後通牒をつきつけた!」と報じられていました。どんな「最後通牒」?

プーチンは、「合意に戻る条件」を提示しました。その条件とは、

1.2000年9月1日以降NATOに加盟した国々の軍事インフラと、アメリカ軍の兵力数を、加盟前の水準に戻すこと

これは、何でしょうか?

ロシアの危機感、怒り、恐怖の原因は、「反ロシア軍事ブロック」NATOの東方拡大にあります。アメリカは、ソ連が東西ドイツ統一を認める条件として、「NATOを東に拡大しない」ことを約束しました。しかし、ソ連が崩壊すると、約束をあっさり破って拡大を開始した。それで、ロシアは怒り、また恐怖しているのです。プーチンは、「これをやめろ!」と要求している。

ちなみに、2000年9月以降NATOに加盟した国とは、

エストニア、スロバキア、スロベニア、ブルガリア、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、アルバニア、クロアチア

です。

2.ロシアに対する非友好的な政策をやめること

具体的には、

マグニツキー法(2012年) ウクライナ自由支援法(2014年)

の廃止。「マグニツキー法」とはなんでしょうか? 弁護士セルゲイ・マグニツキーさんは、ロシア高官の汚職を暴露した。ところが彼は、逆に「脱税容疑」で逮捕され獄中で亡くなった。アメリカは「人権侵害だ!」として、ロシアに制裁を課しました。

「ウクライナ自由支援法」は、いうまでもなく2014年2月の革命で誕生したウクライナ親欧米政権を支援する法律。

この二つを「廃止しろ!」と。

3.対ロシア制裁を解除すること

これは、わかりますね。ロシア経済、相当大変なことになっています。

4.経済制裁でロシアが被った損失に対する賠償

う〜む、他の要求もかなり難しそうですが、これは特に困難でしょう。

5.アメリカは「余剰プルトニウム処分」のはっきりした計画を提示すること

この要求は、リーズナブルです。

本質をいえば、

NATOを拡大するな! 拡大前の状態に戻せ! 対ロシア経済制裁を解除しろ! 賠償金を払え!

アメリカがこれらの要求に応じるとは思えません。

プーチンが、アメリカに「最後通牒」をつきつけた理由

アメリカが要求に応じることはないとわかっている。では、プーチンはなぜ、「最後通牒」をつきつけたのでしょうか?

「アサドを守るため」だろうと思います。アサド政権が倒れれば、当然(ウクライナ同様)親欧米政権が誕生するでしょう。新政権は、シリアのロシア海軍基地を閉鎖し、ロシアを追い出すことでしょう。中東におけるロシアの影響は、(イランは残りますが)著しく衰えます。

今までロシアは、アメリカと共に和平を推進してきました。しかし、停戦合意発効直後に、アメリカ軍がアサド軍を「誤爆」し60人が亡くなったことで、「アメリカは、停戦を続ける気がない」と判断した。それで今度は、強硬な姿勢を示すことで、「アメリカが軍事介入すれば、ロシアと戦うことになるぞ!」と脅している。アメリカとしてもロシアと直接対決はしたくありませんから、「空爆を考え直すだろう」との読み。

実をいうと、こういうプーチンの強硬さ、アメリカのエリートにとって悪くないのです。というのは、プーチンが暴れると、プーチンとの和解を宣言しているトランプが厳しくなる。アメリカエリート層、最大の課題は、プーチンを抑えることではなく、トランプを落選させて、「エリートの味方」ヒラリーを勝たせることなのです。

もて遊ばれるのは、シリアの人たちの命…。

image by: Evgeny Sribnyjj / Shutterstock.com

 

『ロシア政治経済ジャーナル』
著者/北野幸伯
日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝の無料メルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。

出典元:まぐまぐニュース!