10月17日は「貯蓄の日」なぜ貯蓄の日と言われているのかというと、日本銀行がお金を大切にしようという思いを込めて1017日に収穫への感謝の気持ちを込めて行われる、伊勢神宮の神嘗祭に由来してるんだとか。

 

そんな貯蓄の日に合わせて、一度自分の貯蓄を考えてみてはどうでしょう!しかし、貯蓄がなかなかできないという人にはある特徴が・・・。

そんな“貯蓄下手”なあなたが思わずドキッとしてしまう“言い逃れのできない目で見てわかる特徴”をご覧ください!

 

特徴① 「面倒だからすべてコンビニで済ませる」

まずは面倒臭がり屋で買い物を近くのコンビニで済ませてしまう人!どう考えても少し離れたスーパーなどで買った方が安いですよね?

 

そこを面倒に思わないで品物の安いお店まで足を延ばせるかがカギ!

 

例えば、スナック菓子が大好きだとして、コンビニで160円のものをスーパーで100円で売っているなんてことはザラで、これを1年コンビニで買い続けたら、約21900円の差です!こう考えると今まで無駄にしていたものが浮き彫りになりますね。

 

特徴② 「部屋が汚い」

特徴2つ目は部屋が汚い事!部屋が汚いから、棚を買って、また散らかったから、掃除アイテムを買って、またまた散らかったから…。

 

と、雪だるま式で無駄遣いが増加していきます!

 

さらに、一度買ったものがどこにあるか分からなくなってしまい、同じものを買っちゃうことも。こんな経験ある人多いのでは?

 

特徴③ 「時間にいつも追われている」

時間にいつも追われているというのもお金が貯まらない理由の一つ!

 

“時間がコントロールできない=自分をコントロールできない”という事。いつも時間がギリギリになってタクシーに乗ったり、忘れ物をして家にあるものを買ったり。そんな無駄遣いしちゃってるのではないでしょうか?

 

特徴④ 「衝動買いをする」

この特徴は最も言い逃れができないのではないでしょうか?まさに本能のままにお金を使っている人の特徴の表れ…。

 

私の周りでもボーナス後にバカ高い特にオシャレとも思わないジーンズを買ったりして自慢してくる友人がいますが、「あー。貯金しないとヤバい!」と、いつも語っており、「コイツ…さてはアホだな。」といつも思ってしまっております。

 

やっぱり我慢が一番貯金に繋がりますよね!

 

特徴⑤ 「優しさで溢れている」

貯金に繋がるのが“非情さ”。優しすぎる人は中々、誘いを断る事が出来ずにノコノコとどこでも着いていってしまい、使いたくもないお金を使ってしまっています!

 

そこは付き合い悪いと言われても非情になって“断る勇気”を持つことで貯金につなげる事ができるのです!飲みに行っても、「もう一軒!」というこの誘いを断りましょう!

 

この5つの言い逃れのできない貯金できない人の特徴にドキッとした人は多いのではないでしょうか?自分も書きながらドキッとしてしまいました。

 

偉そうに書いて申し訳ございません…

 

でも!当てはまった人!これらを直すことで将来はお金持ちになれるかもしれませんよ!1017日の「貯蓄の日」に一度見直してみてはどうでしょうか?

 

ダイヤモンドZAi(ザイ) 2016年11月号
Fujisan.co.jpより