任天堂は13日、新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を3月3日に日米欧などで同時発売すると発表した。価格は2万9980円。新型ゲーム機の投入は、2012年末に発売された据え置き型「Wii U(ウィーユー)」以来となる。

 ゲーム機本体は、小型の液晶画面が付いた薄型端末。家のテレビとつないで遊ぶ際は、専用スタンドに立てかけ、手元でコントローラーを操作する。端末は持ち運びができ、屋外などで携帯型ゲームとして遊べる。複数人で対戦ゲームをすることも可能だ。

 任天堂ではこれまで、ウィーユーと、携帯型の「ニンテンドー3DS」が主力だった。販売が伸びなかったウィーユーは昨年国内生産を中止。ソフト販売も振るわず、16年3月期まで7年連続の減収と業績は低迷している。新型ゲーム機が業績の立て直しの起爆剤になれるか注目される。【土屋渓】