自民党東京都連が7月の都知事選で小池百合子知事を応援した豊島区議5人と練馬区議2人の計7人を離党勧告処分としたことについて、小池知事は23日の定例記者会見で「私についてきた彼らをしっかりと守っていきたい。これが私の責任」と述べ、都連側に何らかの働きかけをする意向を示した。

 都知事選で小池知事を支援した若狭勝衆院議員(比例東京ブロック)を口頭での厳重注意とした自民党本部に関しては「非常に大人の対応をしてもらっている」と語った。その上で「こっちは離党勧告で、負けた候補を応援した人には何も無しというのは、都民の感覚からすると解せない」と話し、改めて都連の対応を批判した。

 一方、小池知事は23日、来年の都議選も見据えて設立する政治塾の名称を「希望の塾」と決めたと発表した。【円谷美晶】