日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、政府が廃炉を軸に抜本的に見直す方針を決めたことに対し、同県の西川一誠知事は23日、東京都内で世耕弘成経済産業相と会談し、「国の裏切りと言われても仕方がない状況だ」と述べ、地元不在のまま検討が進められたことに抗議した。

 西川知事は、政府の対応について「地元は大きな不信感を抱いている。誠に遺憾だ」と不快感をあらわにするとともに、「地元との情報共有、意見交換を十分に行い、今後の対応をしてほしい」と求めた。世耕経産相は「重く受け止めたい。地元と情報共有し、説明責任はしっかり果たしたい」と述べた。【岡田英】