2015年4月、千葉県船橋市の女性(当時18歳)を畑に生き埋めにして殺害したなどとして強盗殺人罪などに問われた無職少女(19)の裁判員裁判の初公判が13日、千葉地裁(松本圭史裁判長)で始まった。事件を計画したとされる少女は「強盗は認めるが(事件で起訴された他の被告と)殺害について事前に話し合っていないし、殺意もなかった」と述べ、起訴内容を一部否認した。

 起訴状によると、少女は交際相手の井出裕輝被告(22)=同罪などで起訴=や、その遊び仲間の中野翔太被告(21)=1審無期懲役、控訴中=らと共謀。15年4月19日夜、千葉市中央区の路上で高校の同級生だった女性を乗用車に乗せて連れ去り、暴行して財布などを強奪し、翌20日未明、千葉県芝山町の畑に生き埋めにして窒息死させたとされる。

 中野被告の1審判決は、女性が友人から借りた服などを返さないことに立腹した少女が、井出被告と事件を計画し、中野被告が生き埋めを実行したと認定した。【斎藤文太郎、信田真由美】