政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)を巡る迂回(うかい)寄付事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)に問われた元会長の堤直文(74)、高木幹正(72)両被告は13日、東京地裁(前田巌裁判長)の初公判で無罪を主張した。堤被告は政治資金収支報告書の作成について「会計担当者に一任し、合法的だと思っていた」、上限5000万円を超えて寄付した同法違反(量的制限超過)にも問われた高木被告は「会計担当の報告に問題があると思わなかった」と述べた。

 弁護側は、2人とも収支報告書作成に関与しておらず、違法性の認識もないと主張した。団体として起訴された日歯連もこの日、無罪を主張。公判が先行している元会計担当者(72)も含め、いずれも争うことになった。

 日歯連は2010年と13年に参院比例の組織候補をそれぞれ擁立した。起訴状によると、両被告は会長在任中に元会計担当者と共謀して10年は1億円、13年は9500万円を候補者の後援会に寄付。それぞれうち5000万円は別団体に迂回させ、収支報告書に虚偽記載したとされる。【近松仁太郎】