気象庁によると、14日、東日本の上空に氷点下36度以下の寒気が流れ込み、日本付近は強い冬型の気圧配置で、東北地方から西日本の日本海側を中心に雪が降り、大雪となっている。太平洋側でも、雪が降っているところがある。新潟県と長野県では、13日夜遅くには1時間に10センチを超える強い雪が降るなど、降雪量が多くなっている。16日にかけて、北日本から西日本の日本海側を中心に、大雪、ふぶきなどによる交通の乱れや暴風、高波に警戒が必要だ。また、15日にかけては、東日本や西日本の太平洋側の平地でも局地的に大雪となる所がある見込み。

 15日にかけて、冬型の気圧配置はさらに強まり、日本付近の冬型の気圧配置は、16日にかけて続くとみられる。北日本から西日本の日本海側を中心に降雪が強まり、大雪となる地域は増える見込み。また、東日本や西日本の太平洋側の平地でも積雪し、局地的に大雪となるところがある。

 15日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、北陸地方100センチ▽関東甲信地方、東海地方70センチ▽近畿地方、中国地方60センチ▽東北地方50センチ▽北海道地方40センチ▽四国地方20センチ

 16日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で▽北陸地方80から100センチ▽東北地方、関東甲信地方、東海地方60から80センチ▽北海道地30から50センチ▽中国地方20から40センチの見込み。

 気象庁は、ビニールハウスやカーポートの倒壊、なだれ、電線や樹木への着雪、路面の凍結にも注意を呼びかけている。【デジタル編集部】