ひき逃げをしたとみられる車両が捜査途中に盗まれた事件で、愛知県警港署は13日、住所職業不詳のペルー人、ヘルマン・イルビン・ゴンザレス・サラテ容疑者(28)を自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。港署によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、11日午後6時15分ごろ、名古屋市港区の県道交差点で軽乗用車を運転中、同市天白区の男性会社員(24)の原付きバイクと接触し、軽傷を負わせて逃げたとしている。

 港署によると、車は現場近くで見つかり署員が管理していたが、目を離したすきに盗まれ、約7時間後に再発見された。窃盗容疑でも同容疑者を調べる。【竹地広憲】